お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
国立国会図書館採用説明会レポート、そしてやっぱり感謝です。
2010年01月21日 (木) | 編集 |

こんにちは。LiSAのたにです。
先日ちょこっと書き込んだのですが、改めて
1月15日(金)にキャリアカフェで行われた国立国会図書館採用説明会について
簡単ではありますが、世話役代表としてレポートしたいと思います。


「参加希望の方はご予約を!でも当日参加も大歓迎です」
という謳い文句をポスターに入れ込んで広報し、前日までの予約は計8名。
「まあ、増えても倍、20人はこえないんじゃないかなー」
とぼんやり思っていたのですが、
当日になってみてびっくり。20人どころか、40人以上の方がいらしてくださり、
国会図書館の方が用意してくださった資料が足りなくなってしまう事態に...。
資料をお渡しできなかった方、せっかく足を運んでくださったのに本当にすみません。
でも私たち開催者側にとってはうれしい悲鳴でした。

DSCF4337 小(小)

さて、説明会の内容ですが、国会図書館からいらしてくださった、
人事課の小林芳幸さん、お茶大OGの中村若生さん、お茶大4年で内定者の清水芙有子さんから
お話をいただきました。
一時間半という短い時間ではありましたが、国会図書館の業務説明にとどまらず、
職場の雰囲気や仕事のやりがいなど、「はたらく」ことそのものについても色々と貴重なお話をうかがうことができ、ぎゅっと中身の詰まった説明会だったのではないかと思います。


小林さんからは、国会図書館での仕事内容、待遇、採用試験日程などについて
説明していただきました。
印象的だったのは、職員の男女比がほぼ1:1で、むしろ女性のほうが多いということ。
育休、産休もとりやすく、職場復帰もしやすいということで、
女性であることが全く不利にならない環境は素晴らしいと思いました。

DSCF4365 小(小)

OGの中村さんからは、国会図書館で働こうと思った経緯や、一日のスケジュール、
また実際の職場の映像を見せていただくことができました。
「求められるのはこんな力です」ということで、

・コミュニケーション力
・好奇心と適応力
・段取り力

が大切だと教えていただきました。

DSCF4471 小(小)

おそらくどういった職場であっても、
思いやりを持って人とコミュニケーションをとり、
どのような部署や人の下で働くことになっても明るく前向きに、
計画だてて仕事に取り組むことが基本であり、
それゆえ大変重要なことなのだなと思いました。


お茶大四年生で内定者の清水さんからは、
志望動機や実際に試験を受けた時のことなど、
かなり就職活動に密接なお話を聞くことができました。
最後に「就職活動、たいへんだとは思いますががんばってください。応援しています」
というメッセージを頂き、
ついこの間就職活動を終えられた方の言葉だけに実感がこもっていて、
思わず「はいぃっ!ありがとうございますがんばりますっ!」
と言いそうになっていました。心の中では言ってました。


また三人のお話の後には質疑応答の時間もありました。
参加者の皆さんからは次々と手が挙がり、突っ込んだ質問も飛び出しましたが
小林さんたちはていねいに、それぞれの質問に答えてくださっていました。
実は、もし参加者の方から質問が出なかった場合に備えて
私たち世話役のほうでもいくつかお聞きしたいことを用意していたのですが、
まったくいらぬ心配でした。
というか、私も質問したかったのですが...立場上泣く泣くあきらめました。

DSCF4395 小(小)

そして説明会後。
ひとつ嬉しい出来事がありました。


その場にいらしたひょうどうさんやえとりさんたちにより次々と会場が片づけられ、(あっという間にきれいにしていただいてすみませんでしたそしてありがとうございました。)
なんとか終わったねーとほっとして、ゆるゆるしていた私+ひうらさん、ほりえさんに
OGの中村さんが近づいていらして


「説明会、とてもスムーズに運んですばらしかったです。
こんな風に滞りなく遂行することは、なかなかできそうでできないですよ」


と(うろ覚えなのを良いことにかなり誇張が入っていると思われますが)
身に余るお言葉をかけてくださったのです!
いえいえとんでもございませんと、その場ではあわてたのですが、
後になって思い返して、じわじわとこみあげる嬉しさをかみしめておりました。
きっとひうらさんとほりえさんも、似たような気持だったのではないでしょうか。


でも、中村さんからこうしたお言葉を頂けたのは、決して私たち三人だけの力によるものではありません。もちろん



先のブログでも感謝の意を伝えさせていただきましたが、
この国会図書館説明会という一つの企画は、本当にたくさんの方々の力により作り上げられました。
自分がそのうちの一人となって企画に携わることで、
一人じゃ何もできないんだということ、反対に、みんなでやればこれだけのいいものができるのだということを実感することができました。
世話役をお引き受けしたことで発見したこと、感じたこと、得たものはたくさんありましたが、
この実感をもてたことは大きかったです。


さて、長々とレポートしてしまいましたが、このへんで終わります。
反省点もたくさんありますが、なんとか成功した、といってもかまわないと思います。
改めて、この企画に携わってくださった、たくさんの方々に感謝いたします。
ほんとうに、ありがとうございました。



LiSAやっててよかったです!

DSCF4491 小(小)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
達成感!
たにさん、ひうらさん、ほりえさん
企画から開催まで、お疲れさまでした!
本当に、みなさんが一体感と責任感を持って運営したからこそ得た成功ですし、達成感なんだと思います。

この機会でみなさん得た色々なことが、経験となり糧となれば、これ以上嬉しいことはありません(^^)
2010/01/22(金) 00:08:16 | URL | タムラ@現代GP #-[ 編集]
No title
レポートありがとうございました!

最後の後片付けは、さかまき係長や閉会後の個別質問の順番を待っていたお茶大生も加わって(さすがお茶大生!ですし、自然にお手伝いをしたくなるようないい雰囲気の会だったからじゃないかな、と思います)、いつも以上にあっと言う間に現状復帰できたのでした。

ところで、当日資料をお渡しできなかった学生さんのリクエストを受けて、人事ご担当の小林さまから新たに10部、資料を送っていただきました!ありがとうございます。
玄関ホール階段下の掲示板の前の机にありますのでどうぞ~
2010/01/22(金) 10:11:20 | URL | えとり #ZsThrMTw[ 編集]
No title
レポートやらコメント読んで、またウルウルしています。

大学図書館ってここまでできるんだよねぇ~。本貸すだけが仕事じゃないよねぇ~。まだまだ、できることあるよねぇ~~と思うと、
いろいろ世知辛いことが次々ありますけど、希望も持てる思いです。

ということで、谷さんをはじめ、LiSAのみなさんや、お茶大生のみなさんに「感謝!」の気持ちでいっぱいです。
2010/01/22(金) 10:18:55 | URL | もできりこ #-[ 編集]
お疲れ様でした
本当にお疲れ様でしたi-260
あんなに混んでいるキャリアカフェ、初めて見ましたi-237
私も参加させてもらいましたが、とても勉強になりました。なかなか難しそうですが、受けてみたいなという気持ちにi-185

卒業までに、私も企画に参加して何かしたいなぁi-228
2010/01/23(土) 01:06:45 | URL | LiSA松田 #WhxZCaks[ 編集]
ありがとうございました
色々と教えていただきながら準備してきた説明会でしたが、たくさんの方に参加していただくことができて本当に嬉しかったです。
説明会では、国会図書館のお仕事についてや雰囲気まで感じることができ、とても勉強になりました。
開催にあたってたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。
2010/01/25(月) 18:27:25 | URL | ひうら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック