お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
プラス1%でも!(第1期LiSA業務報告から その13)
2008年04月20日 (日) | 編集 |
もできりこです。
宣言どおり、明日の第2期LiSA開始前に、「第1期LiSA業務報告から」シリーズ13回を完了させました。
明日からこのブログは、LiSAメンバーさんを主役に進めていきます。(^^)



図書館は「本のため」の空間であると同時に、「人のため」の空間でもある。LiSA活動の前後から顕著に「人のため」のより快適な環境が提供されるようになってきており、現在も進化を遂げていると私は感じている。利用者であれ管理者であれ、図書館は人によってその存在を許されている。

図書館について、私なりにいろいろと思うことも考えてきたこともありましたけど、「図書館は人によってその存在を許されている」というのは、ドキっとさせられる視点でした。
たしかに、図書館は箱ものの問題ではないと多くの図書館関係者は思い、日々努力しています。
よそのことまでは知りませんけど、少なくともお茶大図書館職員の意識はそうです。それは、うちの図書館が箱物的には、決して恵まれておらず、だからこその強がりと言われるかもしれませんが、職業人というのは与えられた条件でどこまで戦えるかが大事です。

第1期LiSAのみなさま、そして私たちの大事なお茶大の学生のみなさま。これから就職するにしても、学問の道に進むにしても、はたまた起業するにしても、家庭に入るにしても、最初から100%恵まれた環境というものを期待して甘えてはいけません。与えられた環境の中で自分の力を伸ばし、そして、できればその環境を1%でも向上することに尽力できる人材になってください。たぶんそれが、お茶大が目指す「あらゆるところでリーダーになれる人材」だと思います。

で、少し遅くなりましたけど、↓ 図書館前の八重桜です。今年は満開になったと思ったら、大雨劇風でどうなるかと心配しましたけど、与えられた環境での精一杯の努力は美しいと思いませんか?

図書館の桜


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック