お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
ほすぴたる★お茶大図書館 図書・情報チーム
2010年02月03日 (水) | 編集 |
こんにちわ。もできりこです。

予告のとおり、昨日(2月2日)「ホスピタリティ」をテーマにチーム研修会を実施しました。
 
そういえば、先日、見学訪問に来てくださった某大学図書館の方と
A氏「よく、チーム内で研修会する時間などとれますね。」
もでき「30分ぐらいですし、30分ぐらいなんとでも時間はひねり出せます。」
A氏「いやいや、それが難しい・・・」
というような会話を交わしました。
ま、冷たいこと言うと「難しい・・・」と言ってるかぎりは、難しいんでしょうね。


昨日のテーマの「ホスピタリティ」の視点にも関係しますが、何か壁があったときに
「難しい・・・」とまず頭にうかべるのは、「ホスピタリティ」とは真逆の考え方だと思います。

昨日のレクチャー内容は、外部で頼まれて講演する時に比べますと、
原液ママというか、そのままじゃ手荒れしそうというか、相当濃かったです。

思えば、外部に頼まれて講演する時って、内容を落とすわけじゃないけど、
万人向けに、いくぶん薄めたり、ソフィスケートするというか、そういう操作はしますね。

それに比べると身内の研修会だと、原液まんま!!
あとは、参加された方が自分の中で適当に薄めたり、攪拌してくれたらいいと思います。

ひとつ自慢をするとしたら、
2年前に同じことをしゃべったら、いくらチーム内だけとは言っても、
その後の意見交換が成り立たなかったと思うのです。

が、今回は、スタッフの中では、最年少のキンタカさんはじめ、みんなそれぞれから
自分なりに思うこと。自分の体験から考えることの発言が出てきたというのが、
チームとしての成長だなと思いました。

ご参加いただいたLiSAちゃんもありがとうございました。
今頃、”胸焼け”など起こしてないといいのですが。
今は、ピンとこなくても、働いてのち、3年後、5年後に思い当たることが出てきて
欲しいと願ってます。

で、タイトルの「ほすぴたる」ですが、
昨日から、総務係内でマイ・ブームな言葉だそうで、さっそくいただきました。

使い方は「今日の私は、ほすぴたってる!」というように使います。

CIMG1763.jpg


CIMG1772.jpg
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました
「ほすぴたってる!」があまりにもツボでしたので、ついコメントしたくなってしまいました。
そういった造語が大好物なので、
私も何かの折に使わせていただきたいですe-420


ホスピタリティのお話は、非常に興味深い内容で大変勉強になりました。
今後も頭において、自分なりに考えていきたいと思います。
ありがとうございました。
2010/02/04(木) 11:18:27 | URL | キンタカ #pOgJx0Q6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック