お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
変身!!私ヒョードー、女優R.Mの付き人です!
2010年02月12日 (金) | 編集 |
おはようございま~す(芸○界だから)、ヒョードーです。

え~、皆さま、聞いてください。
じゃじゃ~ん! このたび本学では、大学広報用DVDをババ~ンと作ることになりましたっ!!
わが図書館は、この大学にとっては大きなウリのひとつ(ですよね?)。
なので、もちろん図書館にも撮影部隊がやってきました。
2月4日の午後、季節はもう春のことです。

でもって、うちの図書館のウリといえば何かって、そりゃ、うちのTLが出演しないわけはないでしょ、
ってことで、ラーニング・コモンズをご紹介する役を、TLおん自らが果たされました。

TL、久々の女優業です!

いや~、その昔、セクハラ女優(でしたっけ? なんか、全学的なセクハラ防止対策講座(?)の寸劇でセクハラを受ける役を好演したやつ。徽音堂の晴れ舞台に立ったんですよね)を務められて以来、
そのきらびやかで堂々たる女優っぷりに、学内外からの再演の呼び声高く、
本学アカデミー賞主演女優賞の本命と目されつつも(ただし対抗馬不明)、
地道で堅実に(しかし衣装は華やかに)TL業にいそしんでおられるのを毎日近くで拝見しておりまして、
「もしかして、一発屋…?」とひそかにご心配申し上げておりました私ヒョードーでしたが、
ああ、よかった、花も実もある、女優としてもっとも油の乗り切った今このときに、
皆さま大変長らくお待たせいたしました、いよいよ華麗なるご復帰です!

テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、女優さんになあ~れ~!

TL女優業

カメラの前でにっこり微笑むTL、じゃなくって女優R.M(諸般の事情により本名伏せる)。
歩きながら説明したり、長い台詞(暗記!!)をしゃべったり。
テイストとしては、ほら、よく博物館なんかで美人女優さんがカメラに向かってご案内なんかしてるじゃないですか、記憶に新しいところでは、阿修羅展でのクロ○ヒトミさんですとかね、
あんな感じです。
ナビゲーターとか言うんですかね?
(リポーターとかお天気お姉さんとはちょっと違うかな。それじゃあご不満かも、だし。)

あっ、歩きながら笑ってしゃべってる! ティティティTL、高いヒールで転ばないでくださいよっ!! 
心配っ。
TL、もしもキンチョーしたら、手のひらに「人」って3回書いて、飲み込むんですよ! しないか?
付き人私ヒョードー、カメラを構えて追っかけるかたわら、日傘をさしたり、タオルで汗をぬぐったり、
メイクをなおしたり、うちわで扇いだり、水筒(昔懐かしひみつのアッコちゃんの絵柄)を手渡したり、
お弁当の手配をしたり、カップスープにお湯入れてかきまぜたり、あーもう大忙し。
ちなみに今回掲載の写真3点は、この私ヒョードーの撮影です。
もちろん、もーっといっぱい撮ってあるんですよ。「撮影の記」ができちゃうくらい。

カメラチャック

ひととおり撮影がすんだら、カメラチェーック! マジです。
「ん~、そおねえ、やっぱり左向きナナメ45度の角度が一番きれいかしらね。」
「このシーンはワタクシ的に許せないからカットして頂戴、カット。」
「ここはもう少し流し目の方が効果的だったかしら?」
「もっとカメラが寄ってくださってもよろしかったのに。アップには耐えられましてよ、ワタクシ。」
「あら、指先が映ってませんわ、自信ありますのに。」
って、言ってたかどうか、私ヒョードー、バックアップに懸命で聞きそびれましたが、
とにかく、本格的でしょ?

あれ? これって、プロモーションビデオの撮影でしたっけ?
いや、違う違う!! 大学広報用DVDでした!

それが証拠に(?)、次なるシーンは、LiSAちゃんを学生役に、ラーニング・アドバイザーのお姉さんとの
掛け合い芝居です。
(新人女優のデブー?じゃなかった、デビュー?)

LiSAちゃん+ラーニング・アドバイザー

台詞だってちゃ~んとあるんですよ。
(ラッキーですよね、初出演で台詞があるなんて。普通は通行人からスタートですよ。)
けっしてヤラセではありません。
ほのぼのとあたたかい、それでいてキリリと有用なラーニング・コモンズの雰囲気がよく伝わります。

ねっ、これ見てたら、本当にすてきな図書館だってことがよくわかるでしょ?
ほ~ら、アナタもこのDVDをぜがひとも観たくなってきた!!
観て観て、そして来て来て、お茶大に!!

そうしてこの大学広報用DVDは大成功をおさめるのでした。うはうは。
興行成績、堂々の第一位!(ただしやっぱり対抗馬不明)
ところで一体いつできて、どこで見られるのかな? 
どなたか私ヒョードーにご教示ください。

ささ、お嬢、もとの業務に戻りましょ、お忙しいんですから。

ラミパス、ラミパス、ルルルルル…!

はいはい、いつものTLに戻りましたよ。
年度末はご多忙で本当にお大変ですね。お身体に気をつけてくださいよ。
今度、私ヒョードーにもそのコンパクト貸してください。

ああ、私ヒョードーはイカになりたい。
(そしたら、手足が10本あって超忙しいとき便利そうだし、奥さんはナカ○ユキエさんだし。
 坊主頭にだってなっちゃうもん!)

ところで蛇足ですが(イカちゃうねん!)、辞書を引きましたら、「付き人」って、
芸能の世界においては「先輩の芸人やあるいは師匠の周りで細々とした雑務に励む傍ら芸を磨かなければならない」そうで、プロレスにおいては「師弟でタッグを組む、または対決をするなどして話題を提供、師匠超えを果たすことが目標の一つとされる」んだそうです。

う…………、

「芸を磨く」 ……がんばるけど、
「師匠超え」 ……ハードル高いな。
「タッグを組む」のはいいけど、
「対決をする」のはあまりにも怖すぎる……。

私ヒョードーこと、ひょうどうのりかず
(テクマクマヤコンは「テクニカル・マジック・マイ・コンパクト」の略、ラミパスは「スーパーミラー」の逆さ読みって、知ってました?)









関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック