お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
学内職員研修にて、プレゼン競演!?
2010年02月18日 (木) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ。
本日、2010年2月18日(木)は、フィギュアスケート男子シングルのなかび。
昨日の興奮を明日の応援エネルギーに変換する大事な日です。(^^)

お茶の水女子大学では、本日、新規採用職員をはじめ、各チームの係員クラスの若手職員を対象にした「職員研修会」が開催されました。
大学がこういう研修会を行うことはよくあることで、別にわざわざ記事にするほどのことはないかもです。

しかし、こういう研修会で他部署の若手職員の方に「図書館・情報のお仕事について」話す機会を得た!というのが今日のニュースです。
今回、業務について話す機会を与えていただいたのは5チームだけですから、結構な倍率を勝ち取った言えます。
 #別に、予選があったわけでも、シードされたわけでもないけど・・・

ということで、本日も張り切って語るもできTL(持ち時間は15分)
CIMG1860.jpg

その後、グループに分かれて討議があり
 #こちらも少し覗かせていただきましたけど、和やかにかつみなさん積極的に話していたのが印象的でした。

最後は、グループ代表のショートスピーチ(発表)です。
B班の代表として、グループ討議の内容を発表する役になったえとりさん。
本人は「緊張しちゃいました」と言ってましたが、落ち着いたわかりやすい発表だったと思います。
決めセリフも良かったですね。
CIMG1872.jpg

さらに、ひろたさんもC班の代表として登壇。
えとりさんとはまた違った持ち味で、ひろたさんらしい暖かく優しい発表だったと思います。
最後の締めが特に良かったと思うのです。
CIMG1876.jpg

A班の代表で発表されたまえだじゅんこさん(教育支援チーム)も、はっきりした明朗な発表でとても聞きやすかったです。

えとりさんもひろたさんも図書・情報チームの期待を背負って、よく頑張ってくれましたけど、
なんといっても、本日の圧巻は研修会冒頭の羽入学長のご挨拶。
持ち時間はわずか5分でいらっしゃいましたけど、
できることなら、もっとずうーーと聞いていたいと思うようなお話しでした。
CIMG1855_20100218174809.jpg

さて、上の4枚の写真をご覧になって共通項が分かりますか?
それは、話すときは、聞いてくださる方の顔を見るということです。
これができそうでできないプレゼンの基本です。
えとりさんもひろたさんも日頃の訓練の成果を発揮して「技術点クリア!減点なし」です。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
プレゼン
こんにちは。LiSAたにです。
みなさまプレゼンおつかれさまです。

実は私も来週23日に現代GPさんのシンポジウムにて、1月に行った国会図書館説明会に関係したプレゼンをさせていただくことになっています。ちば先生やタムラさんからご指導いただきつつ、只今必死に準備中です。お時間のある方は是非足をお運びください(宣伝)
*会場が徽音堂→共通講義棟②の二階に変更になったようです。ご注意を。


「話す時は聞いてくださる方の顔を見る」

なるほど...

りょーかいっす、もできさん!
がんばります!
2010/02/19(金) 14:40:17 | URL | たに #-[ 編集]
ありがとう
たにさん

コメントをありがとう。
この記事は「たにさんが見てくれるといいなぁ!」という思いだけで書いたようなものなので、
お目にとまって、かつコメントもしてくれてとっても嬉しいです。

23日の晴れ舞台は、図書・情報チームのみんなで応援に行きますよ。
目線に迷ったら、会場内で私たちの顔を見てればだいじょうぶ。
がんばれっ!!(^^)
2010/02/21(日) 15:57:58 | URL | もできりこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック