お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
2月20日のできごと<キャリアカフェ限界に挑戦!?>
2010年02月21日 (日) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ。

19日・金曜日は、高橋大輔くんの銅メダルに狂喜乱舞し、ウルウルが止まらない若干2名を暖かく見て見ぬふりをしてくれた図書・情報チーム。本当に良い職場です。

さて、20日・土曜日は、かなり以前からのオファーを受け、お茶大図書館を会場に、とあるスタッフ研修が開催されました。
その人数55名。うちからの参加スタッフを加えると60名!

まずは、これだけの人数が入るのか!?というのが、今回のチャレンジでした。
そして、60名の人数をどうやって一度に館内ツアーにご案内できるのか、が、もうひとつのチャレンジでした。
できる/できないではなく、「どうやったらできるのか」を考え、実行するのが、お茶大図書館スタッフの得意とするところです。(←ここ重要!!)

そして、私はこれをチャンスに、前々からどぉーーしてもやってみたかったことを実践しました。
それは、自慢のキャリアカフェチェアーを色別に並べて写真を撮るということです。
ほぉーーら。予想通りのうっとりするほどの美しさ
「美しいものこそ良い」というのもお茶大図書館のマネージメントの基本です。(←ここも重要!!)

並べた結果、椅子は10色で計48脚あることが判明しました。
CIMG1887.jpg

そして、もうひとつやってみたかったのが、キャリアカフェテーブルをスタックして写真を撮るということです。
こちらもラブリーな写真が撮れまして、大満足!!
CIMG1877.jpg

私が浮かれて写真とってるあいだに、裏では、今回の館内案内コンダクターの4人が入念な打合せを繰り返しています。
立ったまま打ち合わせるというのもお茶大図書館のマネージメントの基本です。(←ここも重要!!)

贔屓目かもしれませんが、4人の真剣さと凛とした様子は、どこぞの航空会社のCAさんの打合せ風景にも遜色ないと思うのですが。(ただし、背景のごちゃごちゃしたところは見ないふりをしていただきたい)
CIMG1895.jpg

今回は、60人を4組に分けてご案内しました。
旗も2つ新たに作成しました。
4組に分けるときのすばらしいアイディアと旗作りに使った小道具の工夫もお茶大図書館のマネージメントの基本です。(←ここも重要!!)
CIMG1890.jpg

ということで、私は今回の研修で1時間ほど講演いたしましたが、要するに「(←ここも重要!!)」を解説すると1時間になったということです。
このために使った参考図書は20冊ぐらいでしょうか。

★案内ツアーの工夫については、たぶん、旗作り職人のはまさきさんから補足の記事が書かれることでしょう。
 このように、なんでも隠さず公表するというのもお茶大図書館のマネージメントの基本です。(←ここも重要!!)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック