お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
LiSA再始動
2008年04月26日 (土) | 編集 |
LiSA第二期メンバーの田辺です。
私は第一期から引き続きLiSAの活動に参加させていただいていますが、今日、久しぶりにLiSAとして作業をしました。(つまり第二期としては初仕事です)

今日の作業は書庫で紀要の幅を計測する、という仕事だったのですが、前回やったときよりは寒くなく(笑)、楽しく測ったり書き込んだりしていました。

学部生の自分にとっては、書庫はあまり立ち入らない場所ですし、大学紀要なんて見る機会もないので、書庫での作業は見るもの触るもの全てが目新しく映ります。
様々な紀要を眺めながらあれこれ考えるのは面白いのですが、一番考えることは「紀要ってどういう基準で書庫に配架されているのだろう」ということです。
例えば、ある紀要の第7巻だけ何故かぽつんとあったり、シリーズ物の一部だけあったり、一部は一部でも巻の間が物凄く飛んでいたり・・・。
とても不思議です。


第二期でのLiSAの作業内容には前回にないものもあり、これからも仕事をするのが楽しみです。
(特に和漢書の目録作成は気になります。去年、一応授業で変体仮名は一通り習ったのですが・・・どのくらい通用することやら・・・)
たくさんの作業を通して、少しでもお茶大図書館の運営のお手伝いが出来ればいいなと思っています。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
紀要はね・・・たしかに謎があるのです。いろいろと。(^^)
今、みなさんにお願いしているお仕事が終わり、次のステップに行くと「どんな基準で書庫に並んでいるんだ!?」の疑問はひとつ解消されるはずです。

和漢書は、金曜日に同じくLiSAのKさんが果敢にチャレンジされていました。
せっかくの機会ですので授業とはちがう和漢書の楽しみを見出していただければと思います。
2008/04/26(土) 14:05:34 | URL | もできりこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック