お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
ありがとうございました!
2010年03月21日 (日) | 編集 |
こんにちは、人文4年のやぎさわです
先日18日に、筑波大のみなさんとLiSAの交流会が無事!終わりました。
話が持ち上がってから、一カ月半くらいでとんとん拍子にすすみました!
筑波大のみなさん、協力してくださった図書館のみなさん、ありがとうございました

↓はLiSA側の事前準備光景です。相変わらずみんなよく働きます。
CIMG2108.jpg

図書館ツアーリーダーは、期待の若人・もりさんがつとめてくれました☆
↓ご案内中…
CIMG2113.jpg


図書館と学生との関係のこと、
ラーニングコモンズはどうあるべきか、
自分たちの大学図書館が抱える問題は何か、
…などなど、
真面目、かつたいへん和やかに話ができて、
すごく良い雰囲気だったのではないかと思います。
さすがに、図書館のことを専門的に学んでいる学生さんが多いので、
ぽんぽん質問が出されて、活気のある交流会だったなぁと感じました。

話に出た中で印象に残っているのは、
ラーニングコモンズを「ドラえもんの空き地」にしたい、という言葉でした。
「誰もがふっと立ち寄れて、そのコミュニケーションの輪の中に気軽に入れる」場所、
という空間が図書館の中に作りたいというのは、すごく興味深かったです。

もうすぐ筑波大の新しいラーニングコモンズができるそうなので、
またぜひ見に行きたいですね。


LiSAちゃんたちの交流会、次回の開催を期待しています
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック