お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
恒例!第5期LiSA業務報告書からの抜粋
2010年03月30日 (火) | 編集 |
もできりこです。
東京は、いったいいつまでこんな真冬みたいな天気なんでしょ?

昨日(3月29日)に2組の見学のお客様をお迎えし、これで今年度57組、通算142組のお客様をお迎えしたことになります。このほか、学外で呼ばれて語ったのが50講演(公演)ぐらいなので、そりゃもぉ、接客上手にもなろうというもの(^^)

今日の午前中のお客様の館内案内では、企画・契約係のもりやさんがガイドデビューされました。
そのことも含めて、141組目のお客様になられた岡野裕行さんがご自身のブログでお茶大図書館見学記をアップしてくださってました。(http://d.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100329/p1
ご丁寧にありがとうございます。
岡野さんの141組目で今年度はラストの予定だったのですが、午後、もう一組、飛び入りのお客様があったのです。
 #飛び入りのお客様が来てもあわてず対応できるところが、ちょっと自慢です。

   

では、恒例となりました第5期LiSA業務報告書から、いくつかをご紹介します。
いろいろヤなことあって気持ちがすさんだときでも、私はこういう文章を読み直して、元気になります。

 今期は、他のLiSAの方たちとお話しできることが楽しみの一つであった。LiSAの方たちとのお話しを通して、相手を知り、また自分の視野を広げることができたように思う。

 LiSAに参加しなければ出会わなかった方々と出会うことができました。今に満足することなく、よりよくするためにはどうするべきかを考えている人ばかりでたくさんの刺激お受けました。

 LiSAに参加すると図書館や大学の変化に他の学生より早く気付くことができ、その変化について友達に自慢したくなります。

 今期はいちばん「LiSAです。」と挨拶する回数が多かったのではないかと思います。このプログラムが、有名になり馴染んできた証拠なのかなと思い、少し誇らし気持ちです。

 たくさんのひとの協力を得ながら、まねごとのようでも「企画」を作ったというのは、大きな経験でした。図書館という場と使ってそれができたのは、これから働いていくなかでも、きっと役にたつのではないかと思います。

 この仕事の魅力は、やはりたくさんの本とふれ合う機会を持てたり、学生目線だけではなく大学を影で支えるということを当事者として実感できることだと思います。

 LiSAとして活動していくなかで、図書館と学生をつなぐ架け橋に少しはなれたのでないかと思ってます。また、他の学科の内容を垣間見ることもでき、LiSA業務が自分と学問の架け橋になってくれているようにも思います。

 お茶大の図書館は学生のニーズに素早く応える場所であることをLiSA業務の半年間を通じて感じた。

 LiSAとして働いていると、図書館ではこんなにたくさんの見えない仕事をしているのだと驚くことばかりでした。図書館が快適に使えるのは多くの人の力があり、そのなかに自分も微かながら力になれていると思うと、図書館に行ったときの感慨もひとしおでした。

・・・ということで、本日は前半部分の紹介。ここまでです。
続報をお楽しみに!!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック