お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
LiSA企画展示のお知らせ
2010年07月15日 (木) | 編集 |
毎度どうも。LiSAたにです。
本日の展示班のミーティングにおきまして、
いよいよ企画の詳細が決定いたしました。
前回の企画展示班報告ブログとも重複するところがあるかもしれませんが
最終決定案をおしらせします。

↓ボード前に居るのはキノコではありません。
LiSA企画展示0715_1

↓そうです。たにです。
LiSA企画展示0715_2


いや、私のことはどうでもよくて、
肝心なのはミーティングに集合してくれたLiSAちゃんの人数です。
企画展示班は一番の大所帯なのですが、
それにしてもご覧ください。この素晴らしい出席率。
みんなの力あってこそ、企画もできあがっていくってものです。

では前置きが長くなりましたが、以下LiSA主催企画展示のお知らせです。





LiSA主催企画展示

前半:「図書館シアター~映画の原作本特集~」
   開催期間 10月1日(金)~11月14日(日)

後半:「よみがえれ文豪~いい本は何年経ってもいい本だ~」
   開催期間 11月15日(月)~12月22日(水)






前期では、お茶大図書館にある映画の原作本を展示します。
また、映像資料もあれば併せて紹介しようと思います。
後期では、来年2011年に没後30、50、70、100周年を迎える作家を
取り上げるつもりです。

開催は後期となります。みなさま、夏休み明けの展示ケースにどうぞ御注目ください。
今回はPOPもそれぞれが手作りすることにしましたので、
そちらの方も本と併せてご覧ください。

職員の方にも、当日は貸し出し処理などでご協力をお願いすると思います。
お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

LiSAのみなさまには後ほど、はやしさん経由で詳細のメールを送りますので
(いつもお世話になります)どうぞ御一読ください。

時期が近づいたらまた告知をいたします。


ではではまた近いうちに。
LiSAたにがお伝えしました。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
お茶大図書館で今のような「企画者自身が楽しむ企画展示」ができるようになったのは、確か2年前の夏の日からでしたね。
と、思い起こしつつ、しみじみと、たにさんの記事を読みました。
なんだか分からないけど、泣きそうです。(もちろん嬉しくって)

職場って慣性の法則が働いていると思うんですよね。
つまり、「止まっている物は、力を加えない限り止まり続けていて、一方、動いている物は、力を加えない限り動き続ける」

このまま、ずーーと止まらずに、形はどんどん変わってもみんなで楽しめる仕事をほしいです。
2010/07/15(木) 18:28:01 | URL | もできりこ #-[ 編集]
もできさん、その言葉しかと受け取りました。
私やまつださんはもう今年で卒業ですが、
来年以降も楽しく頑張れるようなLiSAがずっと続いてくよう、
種まき仕事を大事にやってこうと思います。
2010/07/16(金) 10:05:30 | URL | たに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック