お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
夏フェス2010 蔵書点検 終了しました
2010年08月30日 (月) | 編集 |
こんにちは。
情報サービス係 えとりです。

先週の月~木曜日は、毎夏恒例の蔵書点検でした。
閲覧スペースを4日間閉めて行う蔵書点検は、わたしたちスタッフにとって、これがないと
夏が終わった気がしない...という「夏フェス」のようなもの。
暑いし、本は重いし、楽しいことばかりでもないのですが、みんなで一丸となって
取り組む蔵書点検は、夏の大きなイベントです。
(楽しいことといえば、おやつのアイス選び!今年は白くまバーが大人気でした)

資料のバーコードを読み取りながら、修理が必要なものやバーコードが剥がれたものを
ピックアップし、すべてのデータを読み取った後は、配架ミスや不明本の探索に館内を駆け巡る...
そんな4日間を過ごしました。

今年はなんと、4日間で述べ36人ものLiSAちゃんが参加してくれて、
おかげでとっても助かりました。修理本はまだ残っているものの、バーコードや
ラベル貼りを期間内に終えることができたのも、LiSAのみんなのおかげです。
どうもありがとうございました!

↓もくもくとオープン書庫の本の読み取りにはげむLiSAちゃんたち。

tenken1.jpg tenken4.jpg  

tenken2.jpg  tenken3.jpg

そうそう、蔵書点検初日の8月23日に、韓国の梨花女子大学の図書館の方が見学にいらっしゃいました。
蔵書点検期間中の出来事の記録としてここでもお知らせしますね。

梨花女子大学の図書館のみなさんからは事前にe-mailで質問をいただいていたのですが、
見学中にもたくさんの質問をしながらとても熱心に見学されていました。
ご案内を担当したさかまき係長によると、通訳さん(梨花女子大の卒業生で現在はお茶大の大学院生)は、
彼女にとっては耳慣れない図書館用語を一生懸命通訳してくれていたそうです。

kengaku1.jpg kengaku2.jpg

↑身振り手振りを交えて一生懸命通訳をしている院生さん(黄色のブラウスの方)と、
説明を聞き逃すまいと真剣に耳を傾けていらっしゃる梨花女子大学の図書館のみなさん。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック