お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
後期LiSA企画展示スタート(11/15~12/22)
2010年11月16日 (火) | 編集 |
どうもー、LiSAたにです。
あれ?パソコンの壁紙またかわいくなってません?
な今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さてさて、昨日から後期LiSA企画展示がスタートしました。
その名も


「よみがえれ文豪~いい本は何年たってもいい本だ~」 
(期間:11/15~12/22)


2010年もあとわずか。(卒論〆切まであと35日。)
今年最後のLiSA企画として行う展示は、来年2011年で
没後の節目をむかえる著名人たちの作品を集めてみました。
過去を振り返っているようでいて未来もばっちり見据えている、
いやー身内ながらあっぱれな企画ですな。(卒論〆切という未来も近い。)


以下展示風景です。
いつものようにてきぱきと動くLiSAのみんな。

LiSAtenji11-1


LiSAtenji11-2

そして・・・


LiSAtenji11-3
じゃん

LiSAtenji11-4
じゃん

LiSAtenji11-5
じゃーん

ということで、あっというまにできあがり。
うん、上出来ですね。
ちなみに今回たにはポスターを担当させていただきました。
図書館入口の電光掲示板には、こうちさんの手によって美しくなった
拙作が表示されますよー。ありがとうございます。


では図書館を訪れる皆さん、展示ケースをチェックお忘れなく。
もちろん貸し出しもOKです。


そういえば今日、今期初の業務に入りました。
ずっとLiSAミーティングやらkumori企画やらやってたんで
仕事してる気になってたんですが、
ノルマで50時間で、残り47時間ていう・・・。
がんばります。


では寒くなってきましたが、みなさん体調にはお気をつけて。
LiSAたにがお送りしました。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
谷さん、展示を担当したLiSAのみなさん、
展示換えおつかれさまでした!
みんなが一生懸命作業されているそばでうろちょろしてすみませんでした。
いったい今回はどんな展示ができあがるのか、とっても楽しみで近くで見たかったのです。

今回の展示で、堀口大學と向田邦子が同じ年に亡くなっていたことを知りました。おふたりとも来年で没後30年だったとは。

そして、没後100年に並んでいた幸徳秋水の本をみて、「橋のない川」で彼の名前を知った中学生時代に思いを馳せました。何(十)年前のことだろうか...

思いがけない人の本があってとても興味深かったです。
書庫でしばらく眠っていた本たちも喜んでいることでしょう。
2010/11/16(火) 18:47:17 | URL | えとり #ZsThrMTw[ 編集]
たにです。
えとさん、コメントありがとうございますi-101
今回の企画、派手さは無いですが色々と面白い発見があるテーマなんじゃないかなと、発信者ながら思ってます。

向田さんと堀口さんは共に1981年に逝去されてます。
ちなみに死因は一方が飛行機事故、もう一方が肺結核でした。

うーん、自分はどうやって死んで行くんでしょうか…。

まあそんなことはおいといて。
ポスターセッション、がんばってくださいね。
会場行きますよー。
2010/11/17(水) 09:28:56 | URL | たに #-[ 編集]
たにさん
LiSAのみなさま

図書館総合展ですが、
25日の10:50-10:55に口頭発表があります!
もしその時間帯にいらっしゃるようならぜひ来てくださいな。
本物のLiSAちゃんも来てますってご紹介したいです。
2010/11/17(水) 12:35:36 | URL | えとり #ZsThrMTw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック