お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
帰ってきたLiSA第1号(^^)
2008年07月21日 (月) | 編集 |
こんにちわ。もできりこです。
昨日・本日と、お茶大ではオープンキャンパス実施中です。
そのため、2日間連休返上で出勤してます。

オープンキャンパスでは、学部の見学以外にも、図書館を見にきてくださる方も多く、いつもと同じぐらい、ラウンジもキャリアカフェも賑わっています。(カフェの飲み物も予測以上の売り上げになりそうです(^^))

さて、7月9日に筑波大学からご見学にきてくださった方がご自身のブログでその見学記をアップされています。超ボリュームのレポートです。このようにまとめていただくと、2時間半のスペシャルコースでご案内した甲斐もあろうというものです。(^^)
力作のレポートは、こちらからどうぞ。→「お茶の水女子大学のラーニング・コモンズを見学してきたよ!(かたつむりは電子図書館の夢をみるか)」
ちなみにこの日はもう一組、見学のお客様がいらしたのですが、筑波大学からのご見学が伸びたもので、待合い所でお待ちいただいていました。まるで、人気の歯医者さんのようだと思いました。

さて、上記のレポートの中でもふれていただいていますが、最近のキャリアカフェはなかなか活発な動きがあります。
7月17日、18日のお昼休みに「キャリアカフェでサイエンスカフェ!」と銘打った、大学院生の研究紹介プレゼン合戦(!?)が行われました。
聞く方はもちろん、自由参加です。アカデミックなストリートライブ的な雰囲気がとっても面白い!と感じました。
私たち、図書館スタッフにとっても、実際、学生さんがどういう研究をされているのかということはとっても興味がありますので、こういう形で、なるべく素人にもわかりやすく、短い時間でエッセンスを聞かせていただけたのは、ラッキーなことでした。
今回は、情報、生物、化学、物理のような理系の方ばかりでしたけど、今後、いろいろなライブが披露されるといいなっ!とまたまた野望がわきました。

さて、本日のタイトルの「帰ってきたLiSA第1号」ですけれど、2日目に「高分子の科学」というタイトルで、大変面白く興味深いプレゼンを披露してくれたのは、第1期LiSAメンバーのお一人の秋田さんでした!!こんな形でLiSAメンバーに会えるのもすっごく嬉しいことです
お帰りなさい!って気分です。

↓プレゼンの場所にキャリアカフェって結構イイ感じじゃない!?の図
20080718サイエンスカフェ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
文芸社の「大学院生物語」を読むと、一本の論文の重さが良く理解出来ます。
2008/07/22(火) 14:22:27 | URL | 研究員A #-[ 編集]
ありがとうございました
このブログが始まってからほぼ毎日こちらのブログを拝見していたのですが、久しぶりに拝見したら茂出木さんにご紹介いただいていてびっくりしましたe-327e-329
当日は、たくさんの方にお集まり頂き、非常に楽しく発表ができましたe-343
茂出木さんをはじめ、図書館員の方には準備にご協力頂いた上に熱心e-269に質問を頂き、非常にうれしかったですe-266
ありがとうございましたi-189
2008/07/31(木) 23:55:46 | URL | 秋田 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック