お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
大学図書館でインターンシップを
2008年09月15日 (月) | 編集 |
連投、もできりこです。(最近、旅先おホテルはどこでもインターネット環境がばっちりで仕事もはかどります)
さて、タイトル「大学図書館でインターンシップを」は、「ティファニーで朝食を」(原題:Breakfast at Tiffany's)をもじってみたのですが、お気づきいただけましたでしょうか?(^^)


8月の1ヶ月間、秋田県の国際教養大学から、2年生の学生さんが本学図書館にインターンシップにいらっしゃいました。お茶大図書館をインターンシップ先に選んでいただいて光栄なことでした。

そして、来ていただいた初日から、あいさつもそこそこに8月恒例の蔵書点検作業を一緒にやっていただきました。

ちなみに、インターンシップ生の武田さんは、蔵書点検では「総務係チーム」に配属になりました。「総務係チーム」は、私の「チームリーダーチーム」に勝手にライバル視されていたため、「ぜったい負けないわ!」と初日から武田さんは私に宣言され、「蔵書点検作業って勝ち負けがあるのか!?」と驚かれたことでしょう。

蔵書点検作業には、武田さんのほか、LiSAメンバーのみなさんにも参加いただき、おかげで昨年度より1日早く終わることができました。

さて、武田さんが、インターンシップ中に発した質問に「職場の連帯感ってどうやって築くのですか?」というのがありました。昭和の時代は「職場旅行」なんてもんもありましたけど(もっともあれが連帯感を深めたかどうかは甚だ疑問です)、職場のスタッフ全員で、期限を決めて、ある作業をいっしょに頑張るってのが、いちばん連帯感が高まるんじゃないかな?と思います。
武田さんは、インターンシップ期間、このほかにもするどい質問をあれこれと出し、私たちスタッフのほうがものすごく刺激をうけました。私がいちばん「ひえっ!!?」と思ったのは、「チームリーダとして、仕事をスタッフを仕切るコツは何か?」でありました。そんなの私のほうが知りたい・・・(^^;

<↓廣田さんから蔵書点検の後半戦「エラーリストに出たものをなんとかする作業」の説明をうける、インターンシップの武田さんとLiSAちゃんたちの写真>
200808インターンシップ&蔵書点検

さて、LiSAのみなさま、初日に申し上げた「蔵書点検の目的を3つ以上あげよ!」は、今でも答えられますか?(^^)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック