お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
東大図書館見学報告!!
2011年07月18日 (月) | 編集 |
お久しぶりです:)
LiSAのあんどうです。

遅くなってしまいましたが、先日のミーティングと
東大図書館見学について報告したいと思います:D


まずは先日のミーティングについてです。
筑波大学の方との交流は9/11以降がよいとのことでしたので、
おそらくそれ以降で9/30までには行われることになりそうです。
茨城に行ったことがないので楽しみです(^^)/
筑波大には図書館学群(?)というのがあるらしいです。

国会図書館見学は創立記念日に行くことになりそうです!
楽しみ!広いんだろうなあ…
東大図書館の広さにも驚きましたが!

大学図書館就職説明会は後期に
国会図書館就職説明会は1月ごろに行われることになりそうです。


そして、東大図書館見学@本郷キャンパス★
7/14に7人で行ってきました!間違えていたらごめんなさい(++)
およそ3時間見学してきました。

まずは総合図書館です♪
図書館員の方が説明してくださいました。
総合図書館は関東大震災で全焼してしまったそうです。
私たちが見たのは震災から復興した図書館ですね。
2010年現在、総合図書館には約120万冊の図書があるそうです。

天井高っ!階段のじゅうたんすごっ!
私が印象に残ったのは、南葵文庫の扁額と鹿の首!?です(^皿^)
南葵文庫の扁額はなんと徳川慶喜の直筆だそうです!
ん~達筆!!
震災後、紀州徳川家から旧蔵の南葵文庫を寄贈されたそうです。
歴史を感じます…
鹿の首!?と思った方!!
鹿の首(と顔)なんです。
壁からにょっきり出ているんです。
どこを見つめているのでしょうか…
なんでも1913年、英国王ジョージ五世がウィンザーの王室猟場から選び、
剥製にして本学に寄贈されたそうですよ(^○^)
他にも
ショパンの手;ショパンの死亡時の左手の型の複製! や
ロックフェラーの手紙;本人の自筆署名入り! なんてものもありました。

次に文学部の3号館図書室の見学に行きました。
貸出冊数は10冊まで、期間は1カ月だそうです。
書架に代本板を立て、カウンターで手続をする方法をとっているらしいです。
文学部図書館にも多くの本があり、蔵書の多さに驚きました。
附属図書館だけで約890万冊もの本があるそうです(・・;)
すごい…

以上で見学報告は終了です(*^_^*)


長々と失礼しました(>_<)
毎日暑いですが、よい夏休みをお過ごしください!!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりですたにです。
LiSAちゃんやスタッフのみなさまの活躍をブログで拝見し、
そのたび私もがんばろう!と励まされる日々です。
イベントも次々企画されていて、頼もしい限りですねー。

実は、後期に開催予定の大学図書館関連のイベントには、
私含むLiSAOGも関わらせてもらえるかも、ということを
うかがっています。
みなさんと交流できること楽しみにしています。
ではではまた。
2011/07/19(火) 12:05:07 | URL | LiSAOGたに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック