お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館職員のお仕事
2008年09月23日 (火) | 編集 |
もできりこです。

これはどんな職業にも言えることだと思うのですが、仕事というものは、決められたルーティンワークだけのことを指すのではありません。

LiSAのみなさまには、図書館のお仕事のあれこれを経験していただく中で、「図書館の人のお仕事ってカウンターだけじゃないんだな」ということを実感していただいていると思いますが、
たとえば、新しい技術、新しいサービスなどについて「お勉強する」というのもお仕事の範囲になると思います。

もっとも、学生時代とはちがって、給料をもらってお勉強するのですから、勉強することが目的ではなく、得た知識、アイディアをそれぞれの仕事に活かすということが当然のこととして求められます。

図書館関係の場合、お勉強しあうという傾向が強いので、それぞれの図書館で働く職員がお互いに講師を務めるということがよくあります。つまり講師をするのも図書館職員のお仕事のうちと言えますでしょう。もう一歩出ますと、司書講習などで講師を務め、後進を育てるというのも、図書館職員のお仕事のうちでしょう。

この種の研修会で、ワークショップやシンポジウム、あるいは、学会、研究会では、メンバー以外にも公開しているものが多々ありますので、興味のある方は積極的に参加されることをお勧めします。
何事も「井の中の蛙」でいるのがいちばん危険ですし、また、いろいろな人のお話しを聞いて、その上で自分で考えるという訓練は、いくつになっても(職場でベテランと言われるようになっても!)大事なことだと思います。

近いうちでは、11月末に横浜で「図書館総合展」というのが開催されます。たぶん、日本の図書館業界の催しでは、いちばん賑やかなものだと思います。行くと、いろいろとお土産ももらえたりします(^^)。ついでに、本や論文でしか名前を見たことがない方の本物に会えてお得です。

以下、9月13日(土)~20日(土)までのお仕事報告です。
200809三田図書館・情報学会
9月13日 三田図書館・情報学会月例研究会

200809図書館員としてのお仕事
9月16日~19日 別府大学司書講習

200909デジタルライブラリー
9月20日 デジタルライブラリアン講習会
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック