お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
夏のおもひで
2008年10月01日 (水) | 編集 |
こんにちは。LiSAのたなべです。
夏休みも終わり、いよいよ後期が始まりましたが、私はこの夏に司書講習を受けてきました。
(因みにさっき知ったのですが、講習中にお茶大の職員の方とニアミスしていたみたいです)
まだ結果が出ていないのでドキドキしていますが、とにかく全日程を終えられたことにほっとしています。
とある演習では課題のプリントを持ったまま途方にくれ、とある授業では実際に袋綴じの本を作ったりするなどなかなかに濃い日々を送りました。


ところで、LiSAの作業というのは実践です。
講義ではなくて、毎日が演習といった感じです。
勿論職員の方々からは丁寧な指導がありますし、マニュアルもありますが、実践です。
仕事をする上でそれは当然のことです。
恐らく自分の勉強不足もありますが、実践だけをやっていますと、自分の中で「図書館とはどういう存在なのか」という概念の部分がわりと荒削りのままだなあと感じていました。
そんな状態だったのですが、今回の講習では大学図書館は勿論、「大学」以外の観点からも図書館の理念や理論を学ぶことができました。講習を受けていく中で、LiSAでの実践経験に理論が加わって、前よりも多角的に図書館を見られるようになったように感じます。
また、「仕事をする」というのはこのように、実践と理念・理論との往復(というより他にも色々な要素が加わった円循環かもしれないですね)なのだろうかと思いました。

あと、もう一つ。
実は私はわりとLiSAでの目録作業(絵本や和漢書)で苦戦をしていたのですが(何度広田さんに質問をしに行ったことか・・・)、講習での演習でこのあたりもみっちりやってきましたので、前よりはきちんとできるようになっている・・・はずです。


他大にいたら、だんだんお茶大の図書館が恋しくなってきたのですが、先日久しぶりに図書館に行ったら岩波文庫の位置が変わっていたりしますし、ブログを見るにつけても図書館が結構変化しているので、浦島太郎の気分になっています(笑)。
ちょっぴりNEWになって戻ってきましたので、またこれからもLiSAを頑張ろうと思います。
よろしくお願いします。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
田辺さん、ご報告ありがとうございます。

司書講習中に、お茶大とLiSAについて宣伝していただいたことも伺い、とても嬉しく思いました。

またいちだんとパワーアップされたとのことなので、目録作成のお手伝いとか、頼りにしています(^^)
2008/10/01(水) 16:06:15 | URL | もできりこ #-[ 編集]
No title
情報サービス係 えとりです。
嬉しいご報告ありがとうございます!

わたしも大学3年の夏休みに岩手の大学で司書講習を受けました。
初日には青々としていた田んぼの稲穂が(宿泊所も大学も田んぼの中にあったのです)、最終日が近づくに連れて黄金色に重そうに垂れ下がってくるのを見て季節の移り変わりをを実感したのがつい昨日のようです。

住む地域も年齢も動機も違うけれど、同じ「司書」を目指す仲間と過ごした3ヶ月は、大変だったけどとてもよい思い出です。今でも岩手は第二のふるさとのように思っています。

そして、たなべさんが一生懸命勉強されている間、お茶大図書館では一生懸命引越しをしていました。
岩波文庫の移動もその一つです。
まだもろもろの後始末などはありますが、引越しがなんとか完了したことが、わたしの夏のおもひでです。
2008/10/03(金) 09:10:57 | URL | えとり #ZsThrMTw[ 編集]
No title
ご報告ありがとうございます。この夏しっかり勉強されてたのだなぁと、我と我が身を省みると思わず遠い目です。おつかれさまでした!

おっしゃっている理論と実践の循環、確かに「自分が何を目的として動いている」のかを理解するのは仕事をする上でとても重要なことですね。日々の勤務の目的というミクロな側面でも、図書館全体の目的というマクロな側面でも。
私は去年と今年にかけて司書講習を受講したのですが、去年は「司書資格がとりたい」という気持ちが強くて「図書館を職場として考える」面が足りなかったように思います。おかげで講習の記憶がだいぶ遥か彼方に消えなさってしまい、今ちょっと後悔してます…。
てか、袋綴じの本作りって!めっちゃ楽しそうなんですけど!そんなんやってないですよ私。

後半からしか参加してませんが、開架中を歩き回った蔵書点検がこの夏のおもひでです。
2008/10/06(月) 10:41:54 | URL | 八木澤 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック