お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
☆ありがとうの話☆
2012年01月19日 (木) | 編集 |
こんにちは!
情報サービス係のリフレッシュほんだです。

まもなく大寒を迎える頃ですが、東京は乾燥した日が続き
インフルエンザや火の元には気をつけたい毎日です。

さて今日は私がここ最近「たすかるー!!」と思った
LiSAちゃんのお仕事ぶりを、ご紹介します☆

私が主に担当していることのひとつが 本の修理で、
これまでにもブログにてお伝えしてきました。
最近は冬休みの長期貸出からかえってきたり、書架整理中に
救出されてきたりで修理が必要な図書が日に日に増加
明日こそは!来週こそは!!と思いながらも
本当に毎日手をつけられるのは微々たるもの、気持ちは焦ります…。

そんなとき…
LiSA-syu-ri4.jpg
LiSAちゃん修理マイスター、はだのさんです

はだのさんは定期的に修理のお仕事を入れてくれ、
この日も待ってました!とばかりに早々にたくさん
お願いをしてしまいました。
手際よく、外れてしまった部分の糊付けをしてくれています。
うぅーたすかります・・・。
LiSA-syu-ri3.jpg
私は作業机の向かいの席に座っていることが多いので、
呼ばれるとパソコンの横から ひょっこり顔を出して
「何でしょう?」と応えています。
作業の様子も ちらちらと見えて、どんな感じかな…と
LiSA-syu-ri1.jpg
こんな風に気付かれぬよう確認しています。
(いや、きっと気付かれていますね…)

LiSAちゃんたちに修理のお仕事がお願いできるよう、
これまで修理講習会を開催してきました。
それなのに、それなのに、昨年はできませんでした・・・。
はだのさんも業務報告書で書いてくれていましたね。
次に開催するまでの間に、ぜひ修理をやってみたい!!という
LiSAちゃんはお仕事に入れていただければ、
その日に簡単な講習をしつつお仕事をお願いします☆
ちなみに、修理講習会の様子はこちらこちらです

★ ★ ★
ある日図書の返却にカウンターへやって来た はだのさん。
借りていた図書の状態がよくなかったので
修理が必要かも知れない…と教えてくれました。
受け取りながら "はだのさんに修理してもらおう♪"と
密かに企んだはずが、失念してしまい…。
はだのさんの「この本、私が返したものだ!」という
一言ではっとし、早速お願いしちゃいました。
LiSA-se.jpg
見つけてくれた子に修理をしてもらうこの図書は、
来週末には修理も仕上がり書架に戻る予定です☆

重い、重いバーベルを持ち上げながらも力は足りないし
どんどん重くなるしで うー!腕がちぎれそう!!と
苦しいところに ひょいと誰かが一緒に持ち上げてくれて
「たすかったー。よかったー。」というような感覚。
はだのさん、ありがとうございます。

そして
LiSAのみなさん、いつもありがとうございます
関連記事

コメント
この記事へのコメント
きゃああ
えがわTLから「はだのさんの写真ブログにあったよ~♪」と伺い見に来ました…本当にいたー!!い、いつもこんなに仏頂面で作業しているとは…!i-229(しかし満面の笑顔だったらそれはそれで妙ですね…)
修理は教わって以来たくさんやらせて頂いて、すっかり大好きなお仕事になりました。時期柄、ここのところ一人でどんよりとした気分になっていることが多いのですが、LiSAに出向いて職員の皆様とお話をしていると、すこし気分が上向きますi-179私のほうこそ、お茶大図書館でいつも元気を頂いているんです…!

なお、このぼろぼろだった「中野重治・小林多喜二集」は本日めでたく修理を終え、書架にお戻りになりました!i-189よかった!

これからもどうぞ、よろしくお願い致しますi-179
2012/01/25(水) 13:12:32 | URL | はだの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック