お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館利用案内☆デザイン解説
2012年03月09日 (金) | 編集 |
久しぶりのエントリーになります。情報基盤係のやなぎだです。

少し前のエントリーでほんださんも触れていますが、

利用案内プロジェクトの方々が企画制作し、
私がリーフレットデザインと版下作成を担当させて頂いた
新しい図書館利用案内完成しました!


※利用案内は3/12頃より図書館で配布予定です


出来上がりはこれまでの自分のデザイン仕事でダントツ一位になりそうなくらい
綺麗な色の刷り上がりにうっとりしています。

表紙デザインを選んでくれたLiSAちゃん達、
がっちりと骨組みを作ってくれた利用案内プロジェクトの皆様、
何度も赤字校正を入れてくださった図書・情報チームの皆様、
本当にお疲れ様でした。とても楽しく、勉強になりました。

今回はそんなニュー利用案内のデザイン面でのポイントを(勝手に)解説します。
(内容面のご紹介は他の方におまかせしします><)

まずは表紙です。

yanagida1.jpeg

じゃ~ん。

以前、LiSAちゃんにデザイン案の中からこれを選んで頂いた事をふまえて、
「上品で、でも地味にならないようになおかつ配色はかわいく。」という路線を
なんとなく意識させて頂きました。
余計なエフェクトやゴテゴテ感は排除してぎりぎりまでシンプルに、
大事な情報が目立つように!でもかわいく!
デザイン案を元にイチから作りなおしています。
スタンプに使ったデータを再利用した線画バージョンのおかめちゃんもポイントです。

そして、中身。
こちらは利用案内プロジェクトのみなさんがしっかりとまとまった原稿を作っておいてくださったので、それを元にデザインを組むだけでシンプルなのに中身がギュッとつまったものができあがりました。

yanagida2.jpeg

見開き第一段階。左右を折った状態が本の形に合わさるようになっています。
図書館を利用する上で大事なポイントがひと目で分かります。

yanagida3b.jpeg

細かいですが下からちらっと覗くピンクがかわいいアクセントになっています。

yanagida3.jpeg

見開き第2段階。
左半分が全体地図、右半分が閲覧スペース配置図です。
実はピンクなのは下のラインのみで、表と打って変わって白基調の配色。
プロジェクトメンバー力作の手書きの地図デザインを元にデータを描き起しました。
地図のアクセントカラーが目立つようにメインの色数を絞ったり、左右で文字の配色を変えたりしています。

yanagida5.jpeg

地図片手に歩けるように、片方ずつ開いても地図が利用できるレイアウトにしています。

yanagida6.jpeg
最後に裏表紙!
このキャンパスマップも画像データしかなかったので、書き起こしました。
これで初めての方も図書館まで迷わず行ける!…といいなあ。

全8ページ折のリーフレットですがもりだくさんです。
まだまだ端折っているポイントもありますので、来週以降にぜひ実物を手にとってご確認下さい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック