お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
一橋大学 チーム・えんのしたさんとの交流会レポート 《「えん」見学編》
2012年08月11日 (土) | 編集 |
一橋大学のえんのしたさんとの交流レポート、「えん」見学編です。
図書館見学編こちらへどうぞ。


キャンパスの外のお店でお昼を食べて、また「えん」に戻ってきました
ここまで「えん」とえんのしたさんについてほとんど何も書いてなかったので、ここでご紹介。

「えん」は、
「古本と人が、はっと出会い、ほっとくつろぐたまり場空間」
というのをコンセプトとした図書“環”オープンスペース
古本リユースの拠点であり、学内外を問わず誰でも利用できる空間です。
飲食、雑談、読書、勉強もできて、
中にはトランプで遊んだりソファで寝たりする人もいるのだとか

049_convert_20120811185301.jpg

こんな素敵な一角もあったり。
前にも書きましたが、照明によって落ち着いた雰囲気が醸し出されていて、
これは本当にくつろげます

そして、この空間を運営しているのが「チーム・えんのした」のみなさん。
図書館と協働している一橋生中心のサークルです。現在は30人ほどが所属しているそう。
「えん」を運営する中で、各種の企画も行っているようです。
その企画については後ほど。

「えん」に提供された古本は、
ISBNがある本は「交換本」として、ない本は「無償本」として分類され、
「交換本」は持ってきた冊数だけ交換できる「交換制度」(一橋生対象)によって、
「無償本」は誰でも何冊でも持っていける「無償提供」によって、
それぞれリユースが行われます。

書架はこんな感じに並んでいて

053_convert_20120811185749.jpg

交換本無償本で分かれています。
授業の参考書のような学術本から、現代小説、そして歌舞伎のパンフレットまで(!)
本当に様々な本が並んでいました。文庫・新書もありあます。
メンバーさんがだいたい内容ごとに分類しているそうです。
書架の前には新着本などが置かれていたり。

052_convert_20120811185938.jpg

こちらは、えんのしたさんがTwitterで行っている書評のコーナー
Twitterでつぶやかれた本が実際に並んでいます。これは閲覧のみだそう。
漫画コーナーも特設されていました。

051_convert_20120811190106.jpg

人気漫画がよく揃っています。
これを設置したことで、漫画を読むためにえんを訪れる人が増えたのだとか。
ただえんのした的には、漫画だけではなくて奥の本にも興味を持ってもらいたいそう。
どう利用拡大を促すか…難しいですね。
そしてこちらカウンター

054_convert_20120811190328.jpg

えんのしたメンバーさんがここに座って対応するそうです。
図書館のカウンターにもあるような、ピッとするやつ(名前がわからない…)もありました。
こちらは窓際のテーブル。

056_convert_20120811190437.jpg

えんの中では落ち着いたBGMが流れていて、本当にブックカフェのような雰囲気でした。
順番が前後しましたが、入ってすぐのところにはこんなものが。

047_convert_20120811190643.jpg

「ケツポケットに文庫を」
素敵なキャッチコピーですね
その隣にはえん内MAPも。

046_convert_20120811190816.jpg

コルクボードにはお知らせも貼ってあります。
この時はいらなくなった教科書回収のお知らせが貼ってありました。

そして、今までにえんのしたが行った企画もいくつか教えていただきました。
耳をすませばのように、本の後ろにしおり型のカードを入れておいて、
読んだ人が名前とともに一言書いていく、という企画や、
サンタさんにお願いしたいことを書いてコルクボードに貼っていって、
そのうち一人にノルウェイの森の上下巻をプレゼントするという企画などなど…

ちなみになぜノルウェイの森なのかというと、上下巻がクリスマスカラーだからだそうです。
洒落てますよね。素敵な企画

えんのしたでは季節イベントはだいたい網羅しているのだとか。
ハロウィンも飾り付けとかやるそうです。楽しそう
自分たちで色々とアイデアを出しあって、楽しい企画を作り上げている様子が印象的でした。

この空間も、学生の手で作り上げたものなんですよね。
やろうという気持ちがあれば、こんな素敵な空間ができるのか……とただもう感動です。
「上の代の先輩がこの空間を作った」というお話を聞いて、
そうやってぐいぐい引っ張っていく力強さがないといけないなと感じました。

……そんな感じで、とにかく色々なものに感動してきました
最後にえんのしたメンバーさんたちとぱしゃり。

058_convert_20120811191221.jpg

えんのしたのみなさん、本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします


レポートは以上ですが、ちょっと個人的なことを。
私はこの夏休み、司書講習に通っています。
毎日ちょっとずつ図書館についての知識が溜まっていくのが楽しくて仕方ないです(笑)
今はお盆休みに入りましたので、LiSAの方にもちらっと顔を出すつもりです|ω・)チラッ
蔵書点検行きたかったなぁ…(非日常な蔵書点検が大好き)

それからこれは初めて言うのですが、
今年の春から、学校インターンとして附属高校の図書室にお手伝いに行っています。
同じ図書館でも、大学図書館とは随分違う面を考えることができ、良い経験になっています。
後期もお世話になりますので、ここでも図書館のことを学んできたいと思います。

そして今回の交流会では本当に色々と吸収できました。
LiSAでやりたいことがたくさんありすぎて、自分がもう三年生なのが惜しいくらいです…

今回一緒に行ったメンバーと、やりたいと思ったことをあれこれ話していました。
LiSAの活動拠点がほしいとか、Twitterやってみたいとか、季節イベント増やしたいとか、
LiSAメンバーの紹介冊子作りたいとか、LiSAの交換ノート的なものを置いておきたいとか……

本当に、やりたいことを挙げればキリがないのですが、
また図書館スタッフの方々とも相談しつつ、少しずつ進めていけたらなと思っています


では、長々と失礼いたしました!
講習頑張ります

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一橋大学のえんのしたさんとの交流レポート、「えん」見学編です。図書館見学編はこちらへどうぞ。キャンパスの外のお店でお昼を食べて、また「えん」に戻ってきましたここまで「え...
2012/11/26(月) 23:31:02 | しずもに~静岡大学図書館モニター活動ブログ~