お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
東大図書館見学
2012年12月06日 (木) | 編集 |
こんにちは、LiSA2年のたしろです。

先日、LiSAの自主企画で東京大学総合図書館へ見学に行ってきました!

CA3H00490003.jpg

こちらが図書館の外観です。
関東大震災後に再建された建物。重々しい雰囲気です…!

内部の写真は撮影できなかったのですが、外観と同様の落ち着いた雰囲気がとても素敵でした!
この雰囲気を好んで勉強に訪れる学生も多いとか。納得です

関東大震災により、東大図書館では多くの貴重な資料が焼失してしまったそうですが、
国内外から多くの図書の寄贈を受け、蔵書を復興させました。
紀州徳川家より寄贈された「南葵文庫」や、森鴎外の旧蔵書「鴎外文庫」など、多くのコレクションがあります。

パソコン環境や多言語で用意された図書館パンフレットなど、
現代の大学らしいサービスも印象に残りました。
開架図書の中には留学生図書というコーナーがあり、日本文化に関する図書が各国の言語でそろっていました。
留学生はもちろん、日本人の学生にも好評だそうです。

蔵書数が多い総合図書館。
年々増える蔵書に対応するため、「アカデミック・コモンズ」計画が進められています。
その計画の中には、お茶大図書館の「ラーニング・コモンズ」のような場所を作る計画もあるそうです!
完成したら、また見学に行きたいです

自分の中の図書館の印象がどんどん変わっていくので、外部の図書館見学はとても楽しいです
今後も色々な図書館へ見学に行きたいと思います!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
東大総合図書館見学レポートありがとうございます!

いろいろ見せていただけたのですね。
良かったですね!

他の図書館を見学させていただくと本当に勉強になりますよね。

お茶大図書館でもこんなことしてほしい!こんなことしてみたい!というアイデアがあったらぜひ教えてくださいねe-420
2012/12/12(水) 18:25:22 | URL | えとり #BExc5CA6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック