お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
山形文化遺産防災ネットワークとパネル展示について
2013年02月04日 (月) | 編集 |
  MUSAのいとうです。久しぶりのMUSAブログとなりました。
今回は山形文化遺産防災ネットワークの活動と、お茶大図書館で
行っている展示について紹介したいと思います。

 山形文化遺産防災ネットワークは、平成20年(2008)1月に
結成された組織です。この組織は、災害で被害を受けた資料を被災地から
預かりクリーニングをして、資料をデータベース化し返却する活動を行って
います。これには山形の大学生も参加しています。平成23年(2011)の東日本大震災
の際にも活動しました。


 お茶大の大学資料は大正期の関東大震災を潜り抜けました。東日本大震災
からも今年で2年が経ちます。大学資料保護と災害からの文化遺産保護を関連させて、
現在お茶大図書館では山形文化遺産防災ネットワークの活動のパネル展示を行って
います。
 皆さんもご覧になってみて下さい。



 
 
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック