お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
続々と集まるありがたさ
2008年10月31日 (金) | 編集 |
もできりこです。

第3期LiSAメンバーですが、続々と参加したい表明のメールが届き、今期は13名でスタートできそうです。
ここをご覧のお茶大生のみなさま。途中から参加でも受付ます。お気楽にお声かけください。

米国のハーバード大学のメインライブラリーのワイドナー記念図書館では、のべ90名の学生アシスタントがいると聞き、ひそかに闘志を燃やしていたのですが、ハーバード大学の学生数と本学の学生数、そして、それぞれの図書館学生アシスタントの数を比べたところ、お茶大LiSAが13名という体制は、ハーバード大学に遜色ないという計算となりました。(^^)
====================================
さて、本題。

昨日、慶應義塾大学の図書館・情報学専攻の大学院生お二人が本学図書館を訪問してくださいました。7月に筑波大学の図書館情報メディア研究科からも大学院生と教員の方のご訪問をいただいていますので、残りはあそことあそこと・・・と指折り数えたりしてます。

お二人の興味として、大学図書館が学内の他の部署と連携して図書館サービスを展開しているのか?にあったように思いましたので、事前に現代GPの田村講師にお願いして同席いただきました。

ご専門が生物学の田村さんから見ると「図書館情報学」という学問分野があるのがまず驚きで、で、その分野の大学院生が現場の図書館に見学に来るというのが次ぎの驚きで、さらに、その見学先がお茶大図書館だというのが驚きのようでした。

大学というのは職場として恵まれてるなと思うのは、けっして待遇面のことではなく(^^;
身近に驚いてくれる人がいるという点です。そして、私にとっても「うわぁー!初めて知った!」なんてことをさらっと口にしてくれる方々が周りに普通にいるという点です。

さて、いらしてくださったお二人には、何か新しい、発見&驚き&刺激をお伝えできましたでしょうか?


(説明してんだか、自慢してんだか、煙にまいてんだか・・・の図)
    ↓    
20081010見学
関連記事

コメント
この記事へのコメント
御礼と感想。
昨日は大変お世話になりました。改めまして,図書館改革を進めることができたのは,もできさんのお人柄のためなのではないかと,そう思いました。こうしたお茶の水女子大さんのような,ひとつひとつの活動が積み重なって,少しずつでも図書館界がよい方向に向かっていくとよいと思う今日この頃です。本当にありがとうございましたv-22
2008/10/31(金) 13:24:46 | URL | 慶大大学院生1 #GxAO5jdM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック