お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
スライド作成中
2013年08月25日 (日) | 編集 |
こんにちは...と書こうと思っていたらもうこんばんはの時間ですね。LiSA2年のとえだです。

今日はおのでらさんとシンポジウムでの発表用のスライドを作成しました。
スライド作成ソフトとはかなりご無沙汰でしたので悪戦苦闘しましたが、
どうにか職員さんにお見せできるレベルまで到達し、今日の会議は終了!
現在はおのでらさんとブログを書いています。

ソフトとも格闘しましたが、内容にもかなり悩みました。
(今日も2人の頭は中々回ってくれませんでした)
どんなことをスライドに書いて、何を口で説明するか?何は発表からカットするか?
いつかのミーティングでのチームリーダーの
「発表できるのは内容の10%くらいだけど、残りの90%があることが大切」
というお言葉が私の心に残っていますが、そうはいっても自分が受けた感動をカットするのは心苦しいものです...。

さてさて、これからはスライドの手直しにポスター作成、発表練習とシンポジウム準備も大詰めに入ります。
(気付いたらシンポジウム当日まで2週間を切っているだなんてそんなバカな...!)
怒濤の準備ラッシュに備えるべく、今日は早めに寝ることにします。
それでは、おやすみなさい!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
発表できるのは内容の10%くらいだけど、残りの90%があることが大切
とえださん、おのでらさん、日曜日はスライド準備、お疲れ様でした!

「発表できるのは内容の10%くらいだけど、残りの90%があることが大切」

という言葉を覚えていてくださってありがとうございます。
改めて考えると、ちょっと抽象的ですね。このことについて、その後経験を重ねる中で、なんとなく自分で考えたことをポストしてみますね。
2013/08/26(月) 09:19:53 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック