お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
みんなでお勉強会(今回は、資料保存の基礎編と雑誌受入業務について)
2008年11月15日 (土) | 編集 |
もできりこです。

家事といわれる仕事でも同様なのですが、図書館のお仕事というのは、そのほとんどの業務において、きりがないというか、いつまでもどこまでも続くものなのですが、だからと言って、目の前にくるものをただ毎日淡々とこなしていくだけでは、お仕事とは呼べないわけです。

単純作業に埋没しないためには、無理やりにでも、自分で「30分の空時間」を作り出す必要があります。忙しくて、忙しくて、とても30分なんて無理!とか言うのは、そもそも一人前の仕事をする能力に欠けていると自省すべきかとも思ってます。

ということで、お茶大図書館スタッフでときどき行っている、30分間のチーム研修会というのは、決して暇だからやってるとか、義務だからやっているというのではなく、職業人として当然の努力かな?と考えています。

さて、今回(11月6日)は外から講師をお招きしたので、1時間のお勉強会になりましたけど、図書館スタッフのほか、大学資料担当のスタッフ、そして、LiSAちゃんにも参加いただき、いつも以上に広がりのあるお勉強会になったのではないかと思ってます。
11月13日は、企画・契約係の廣田さんを講師に「雑誌の受入と目録」実務についてでした。こちらは恒例の「講師を務めたら次の講習テーマを指名できる権利付き」ですので、めでたく次回テーマも決まりました。こうやって、次々と講師をやりあっても、まだまだ知りたい内容が尽きぬのも図書館のお仕事の奥深さというか、醍醐味だと感じています。

また、スタッフ同士だけより、LiSAちゃんが加わってくれたほうが、我々の背筋が伸びるというか、LiSAちゃんに負けてはならじという気持ちになるというか、良い意味での緊張感が出ているように感じます。
これからも、どうぞよろしくね!

で、今回のお勉強会に参加されていかがでしたか? >菊地さん 張さん 田辺さん 根本さん

↓なんだか妙に楽しそうな研修会(11月8日)

20081106資料保存お勉強会
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは。たなべです。
私は13日の研修会のみ参加させていただきました。

大学図書館での雑誌受入の流れ、というのがわかってとても参考になりました。廣田さんありがとうございます。
「あ、これは夏の司書講習でも聞いたぞ」という部分もあって、勉強したことを思い返しながら聞いていました。

他の職員さんからの質問や意見も活発に飛び交っていて、よい雰囲気の研修会だと感じたことが印象に残っています。
専門的な会話の大部分はよく分からずぽかんとして聞いていましたが(苦笑)・・・そういう訳なので、私は殆ど利用者としての視点で聞いていたように思います。

12月にも予定があるようですし、また是非とも色々な研修会に参加したいです。
2008/11/19(水) 09:39:15 | URL | たなべ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック