お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
TRC新座見学
2013年11月27日 (水) | 編集 |
情報サービス係の三原です。

11/26、紅葉の見頃なころ、図書館流通センター新座工場の見学に行ってきました。
1482158_570635069684279_809059352_n_convert_20131127161704.jpg

最初にDVDでこちらのブックナリーの作業の流れを見せていただきました。

出版情報収集・流行をキャッチ、等々の独自の情報収集の工夫をこらし、
公共図書館注文在庫ヒット率が95%なんだそうです。すごいですね。

1477609_570652903015829_362912325_n_convert_20131127161940.jpg
検品後、搬入された図書が配架されています。JANコードでスキャンすると棚番などが印字されて搬送されるんですねー。
1419996_570650029682783_893658805_n_convert_20131127161843.jpg
ピッキングは、機械から人の手による仕分けに変更されたそうです。本を傷めないために。TRCさんの
こだわりと本を大切にする細やかさがでています。

個人的に見入ってしまったのが、こちら。フィルムコーティングの機械です。
1冊1分かからないくらい、量をこなすようです。
1477899_570672256347227_500389126_n_convert_20131127162023.jpg

手作業で、丁寧にコーティングされるブースも見せていただきました。
そして、梱包・出荷は手作業なんですって。

気さくにいろいろな質問にも答えていただき、充実の2時間でした。
TRCのみなさま、ありがとうございました。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
人手でなくてはできないこと
三原さん、さっそくTRC新座ブックナリー見学記をUPしてくださって、ありがとうございました。

こうした物流の一大拠点は3箇所目で、これまでの経験が生かされていること。
システムは、すべて現場から企画設計していること。
返本率(なるべく低く)と充足率(なるべく高く)の間で知恵を絞っていること。
そして、ピッキングは機械から人手に戻したこと。

全てにおいて、お客さんである図書館に(そしてその先の利用者に)、必要な本をいち早く届けるための工夫がこらされていることに、本当に感心しました。

人手ではできないこともあるし、その代わり機械(世界にここだけ!)でできることは、徹底的な効率化をはかっておられるんですね。

でも、一番感心したのは、実は「働いている皆さんが、笑顔で挨拶してくださった」ということです。
会社としてのスタッフ教育がしっかりしておられるのでしょうし、そしてスタッフの皆さんも仕事に誇りを持っているからできるのだろうと思いました。

今日も、良いものを見せていただきました。
データ部に行き損ねたので、また機会を見つけて行きたいです。
2013/11/27(水) 17:10:38 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
? 美奈子の独り言 【無料ホムペ作成 @peps!】? URL:http://x92.peps.jp/oceans2020/? アドレス:mnk.19860415@gmail-free.com?当社にて相談が増えています。ポイントを購入して何度メールのやりとりをしても全く出会えないサイト無料となっていたから登録したのにポイ
2013/12/10(火) 01:04:39 | 美奈子の独り言 【無料ホムペ作成 @peps!】/出会い系サイト詐欺被害の返金なら≪あすなろ総合調査≫