お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
12/6(金)のLiSAミーティング
2013年12月10日 (火) | 編集 |
LiSA4年の三田です。
メーリングリストで流した12/6(金)のLiSAミーティングについて、内容をご説明いたします。
(MLは便利ですが、やはりメールは長すぎると読みにくいので……。LiSA向けの内容でも、ブログを使用してしまいます。写真、追加しました(12/13))

前回(12/6)のミーティングで話し合った内容は次の3つです。
①キャリアカフェ文庫全体の模様替え
「LiSAをはじめたばかりでキャリアカフェ文庫ってなんなのかよくわからない(よくメーリスで流れてくるけど)」という方もいらっしゃるかもしれないので、まず簡単な説明から始めます。
キャリアカフェ文庫(以下cc文庫)は、お茶大図書館1Fの入り口からPCがたくさん置いてあるところ(ラーニングコモンズ)へ進む途中の、机と椅子がいくつも設置されている場所(キャリアカフェ)のすみっこ、1FのOPAC端末の向かい側)に設置されています。
cc文庫では、学生であるLiSAが、他の学生たちに紹介したい本で、しかし大学図書館で購入するような本ではないもの(学術的ではないもの、HowToもの、など。いわば、割と気軽に娯楽として読めるもの)を選書・装備をして、貸し出します。
しかし、このcc文庫、人通りの多い場所にあるにもかかわらず、なんとなく学生たちに素通りされてしまっているような印象があります。せっかく自分たちが選び、図書館に購入していただいた、おすすめのおもしろい本を置いてあるのだから、もっとその存在を知って、利用してもらいたい!
そこでcc文庫を模様替えして、もう少し人目にとまるようにしよう、という話が12期のときから出ていました。
その模様替え計画を実行し始めようと思います。

②亀山先生にご選書いただいた本に装備するシールのデザインを考える
cc文庫に置く本はLiSAが選書するのですが、12期のときに、キャリア支援センターの亀山先生に就活関係の本をご選書いただいて、それらをcc文庫に設置するということになりました。
cc文庫の本にはすべてLiSAが選書したことを示すシールと、
LiSA選書・シール

cc文庫の本であることを示すシールが貼られているのですが、
カフェ・シール

今回は先生が選書してくださるため、それを示すためのシールを新たに作らなければなりません。
今までのところ、12期では、就活関係ということで「ネクタイを着けたおかめちゃんのシールはどうか」
また、前回のミーティングでは、cc文庫の選書をしてくださった初めての先生が亀山先生で、図書館の外の池にもカメがいることから「カメをデザインしたシールはどうか」というような案がでています。
(亀山先生、お気を悪くなさったなら、本当に申し訳ございません。)

③「知る」コーナーをさらに、就活関係とそれ以外に分ける
cc文庫の本は、本の内容によって「くつろぐ」コーナーと「知る」コーナーに分けて排架され(棚に並べられ)ます。これには②の話も関わってくるのですが、就活関係の本は現在のところ、他の分野の本と共に「知る」コーナーに排架されています。
しかし今回先生に選んでいただいた就活本を置くことになったので、とくにそれらの本をアピールするために「知る」コーナーの中に、就活本だけのスペースをつくってはどうかという話です。
また、就活の状況は毎年変化するので、内容によっては、数年前の就活本がその年も役立つとは限りません。そこで毎年本のラインナップを見直す必要がでてくるのですが、そのとき、就活本は就活本でまとめておいた方が、見直しがしやすいだろうというのも、就活本を分けるという案がでてきた理由の1つです。

以上、前回のミーティングで話し合ったことをまとめました。
メーリングリストでも流しましたが、①②の議題についてはLiSA全員からアイディアを募って、どのようなデザインにするか決めてゆきます。
アイディアを出してくださるだけでもありがたいですし、ミーティングも来られるタイミングがあればいつからでもご参加ください。大歓迎です。
どうぞご協力よろしくお願いいたします。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
キャリアカフェ文庫の新展開
三田さん、みなさま、キャリアカフェ文庫の新展開について進めていただきありがとうございます。

「LiSAの皆さんがこんな風に進めてくださっています」と、亀山先生にお伝えしたいと思います♪
2013/12/10(火) 14:27:34 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック