お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
ピアノ紹介VTRを作りました!
2014年01月15日 (水) | 編集 |
こんにちは
情報サービス係の北野です。

お茶大図書館入ってすぐのラウンジにはピアノがあるのですが、
どんなピアノか」はご存じでしょうか?
どうして図書館にピアノがあるのかは、
大学HPやピアノの前の看板で紹介しています
来歴

このピアノは、ドイツのベヒシュタイン社のものです。
ベヒシュタイン・ジャパン公式サイト
ベヒシュタイン社のピアノは、透明感あふれる音色でドビュッシーなどの
作曲家たちにも愛されていました。
また、お茶大図書館にあるのは古い年代のピアノなので、
現代のベヒシュタイン社製ピアノとも異なる音色を生み出します。

図書館で開催しているコンサートで音色を楽しむことはできますが、
その音を生み出すピアノの構造はご覧いただくことができません。
しかし、内部もとてもきれい&特徴的なのでぜひ紹介したい!

というわけで、ピアノコンサートグループでVTRを作成しました!
昨年の4月から構成や絵コンテ作りを始め、
先月(12/25)のピアノコンサートでお披露目することができました。
DSC02147_convert_20140114205304.jpg   DSC02152_convert_20140114205414.jpg
コンサート前の時間を使い、スクリーンで上映です。
初披露だったので、ドキドキと感動で、
あっという間の上映会でした。

見逃してしまった!!
次はいつ上映するの?
という方に朗報です。
現在、大学HPならびに図書館HPにてピアノ紹介VTRをご覧いただけるように準備しています。
図書館ピアノコンサートは学内者向けに開催していますが、
こちらのVTRはどなたでもご覧いただけますので学外の方にも
少しですがコンサートの雰囲気を味わっていただけるような内容になっています
公開までもうしばらくお待ちください!

ここからは、撮影風景を

撮影で使用した機材です。
DSC00475_convert_20140114213148.jpg   DSC00382_convert_20140114204207.jpg
今回のVTRは「お茶大らしい温かい雰囲気で」をリクエストしたところ、
カメラマンのかみさかさんが一眼レフを使用して撮影してくれました!

で、そのカメラマンかみさかさんはお茶大の現役学生なのです
DSC00406_convert_20140114204600.jpg  DSC00410_convert_20140114204706.jpg
LiSAになってくださりVTR制作初心者のピアノコンサートメンバーをサポートしてくださいました!
(右)お茶大写真部、東大サークル映画製作スピカ1895のみなさんにも協力していただきました。
ありがとうございました

DSC00398_convert_20140114204428.jpg   P1060500_convert_20140114205045.jpg
P1060489_convert_20140114205212.jpg   DSC00441_convert_20140114204755.jpg
1カット撮影するにも、試し撮り、本番、確認、それぞれを数回ずつ繰り返します。
(右下)実際のピアノコンサートを撮影した時には、高い位置からも撮影しました。

撮影のほかにも、
ナレーションはLiSAのとえださん
インタビューは小坂圭太先生
演奏は学部生のごとうさん
編集作業、テロップ入れなどはピアノコンサートメンバー(主にやなぎださん^^)、かみさかさん
本当に手作りで1本のVTRを作成することができました

VTRを作れたらいいね~と、えがわ前チームリーダーとお話して1年半以上?!
実現するために協力していただいたみなさん、
本当にありがとうございました

現在開催中の企画展示「受け継がれてゆくピアノ~お茶大図書館のベヒシュタイン~」でも
ピアノの特長をご紹介しているので、こちらもチェックしてくださいね☆
企画展示

※14/01/20やなぎだ追加
動画が大学および図書館サイトで公開されました。


お茶大HP 映像ライブラリー

図書館HP 動画公開ページ(ロングバージョンも公開しています)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
プロデューサー/ディレクターきたのさん
きたのさん、このたびのピアノ紹介VTRの公開、おめでとうございます!
かみさかさんや、やなぎださん、わたなべさん、ひろたさんをはじめ、本当に沢山の協力者の皆さんに関わっていただき、公開までいけてよかったです。

この件では、きたのさんはシナリオ作成から全体の進捗管理まで、プロデューサー兼ディレクターとして活躍していただましたね。
本当は、ピアノコンサートグループの一人一人のみなさんのクレジットも出していただきたかったところです。
お茶大図書館の歴史の一ページに、いつまでも残るいいお仕事をしていただき、ありがとうございました!
2014/01/15(水) 14:54:38 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
見事なチームワークの結晶です
動画の方は、きたのさんやかみさかさんが音声編集も頑張って下さりとても助けられました。
他にも、温かみのある手書きフォントをデザインしていただいたいそはたさんや、素敵なBGMを選定してくれたわたなべさん、いろんな人のそれぞれのスキルが結びついて、とても素晴らしい出来になりました^^
私も、記録として皆さんのお名前を残しておきたいなあ…、と思ってます。
2014/01/15(水) 15:55:23 | URL | やなぎだ #-[ 編集]
きたのさんの、動画を作るんだ!という強いおもいと制作に対する努力が、みんなをまとめましたね♪
また、やなぎださんやかみさかさん&スピカのみなさんの知識と技術があってこその出来上がりでした。
今までピアノコンサートを立ち上げ、続けてきた方々の尽力が一つのかたちにまとめあげられている、といっても過言ではないのでは!?

Facebook経由で知りましたが、1月17日付で大学HPにもアップされています!
http://www.ocha.ac.jp/ochadai_video/pre.html#no7
そしてYouTubeも♪
http://www.youtube.com/watch?v=YO8HyebxHk4&feature=youtu.be
2014/01/18(土) 15:39:35 | URL | ワタナベ #-[ 編集]
わたなべさん、ありがとうございます!
早速この記事と図書館HPに早速情報を追加しました。
それから、図書館HPにはロングバージョンも追加しておきました!
2014/01/20(月) 12:13:51 | URL | やなぎだ #-[ 編集]
「残る仕事」をする
もりTL
ありがとうございます!
実は、H25年度に掲げていた目標が「残る仕事」をするということでした。
そのため、完成以上に公開できたことはとても感慨深かったです。
そして試写会では、ピアノだけでなく他にも動画作成してみよう!というチームみなさんの声を聞くことができて嬉しかったです。
「残す」だけでなく「つなげる」ことができたなと。

プロデューサー!ディレクター!そんな大役を出来たかはわかりませんが、プロジェクトメンバーや関わってくださった皆さんと同じ目標に向かって半年以上走ることができて感謝です!
温かく見守ってくださり、ありがとうございました!
2014/01/20(月) 12:48:08 | URL | きたの #-[ 編集]
動画の添付ありがとうございます
やなぎださん
動画を添付していただき、ありがとうございます。
公開された動画についても記事作成しますね!
たしかに、今回VTR作成に関係してくださった方以外にも
ピアノコンサートに関わってきてくださったみなさんとの
集大成ですね☆

また、何かしらのカタチで「名前を残す」というのも考えていけたらと思いますね。
また相談に乗ってください。
2014/01/20(月) 12:56:50 | URL | きたの #-[ 編集]
動画情報ありがとうございます
ワタナベさん
大学HPでの公開はまだかな?と思っていたのですが、
ススツと公開されましたね☆
学校公式の他の動画たちと肩を並べていて、
より立派に見えますね^^(贔屓目でしょうか?)

本当に、ピアノが図書館にやってきた時からこれまでに携わってくださった方々と作りあげてきた感じがしますね。
来年度のコンサートへの期待が高まりますね!
2014/01/21(火) 12:55:54 | URL | きたの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック