お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
お茶の水女子大学論で紹介!
2014年05月14日 (水) | 編集 |
「なんか今日、お茶大論で語ってたやついたなあ…LiSAブログとか言ってたっけ…」
と、ここにたどり着いてくれた方がいることを願いつつ。

こんばんは。LiSA3年のきたむらです。
今日の9・10限、お茶の水女子大学論にて、
えとりさん・とえださんとLiSAの紹介をしてきました!
確かあの授業、参加者ものすごく多かった気が…なにせ共2-201だし…
とビビりながら教室に向かいましたが、
みなさまご清聴くださり、思っていたよりも落ち着いてお話できた気がします。
いつかLiSAのこと、あるいはLiSAで自分が考えてきたことをたくさんの人に伝えられる機会があればいいな、とぼんやり思っていたので今回挑戦してみてよかったです。
まだまだまだお話したいことあったのですけど、
まあこの先はぜひみなさま自身で体験してみるときっとわかりますよ!
という宣伝にとどめておきます。
拙い話でしたが、一人でも多くの学生さんに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

201405141.jpg 20140514_3.jpg 20140514_2.jpg
(チームリーダーが授業参観に来て写真を撮ってくださいました!)




関連記事

コメント
この記事へのコメント
すばらしい発表でした!
きたむらさん、とえださん、えとりさん

 昨日は、LiSAとしてのすばらしい発表、ありがとうございました!
 きたむらさんも、とえださんも、それぞれLiSAになったきっかけから、具体的な体験談、そしてそのことにどんな意義があったのか、とても分かり易くお話していただきましたね。
 何よりも、聞き手の立場に立って、心理的なハードルをぐっと下げて、最初の一歩が踏み出せるように語り掛けてくださったことが、とても良かったと思います。
 昨日受講された学生さんは、151名いたそうです。そんな大勢の前で話をするのは、緊張もしたと思いますけれど、とても立派でした。レスポンスシートを読んでいても、実際にLiSAをしている先輩たちのお話は、ものすごく心に響いたようでしたよ。

 LiSA14期の目標:『LiSAの取組みを繋ぐ・伝えるための実践』をさっそくしていただいたことに感謝です!
2014/05/15(木) 17:10:12 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
LiSAはお仕事である
学生さんからのレスポンスシートでとても多かった意見は、「LiSAはお金がもらえる。その分責任を伴う仕事なんだ!」ということに、びっくりしたということでした。

LiSAの報奨金は時間当たり500円。このことは、いろいろな意味でとても大事な情報だということが良くわかりました。

今後は、もっと意識して広報したいと思います。
2014/05/15(木) 17:16:58 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
きたむらさん、ブログアップありがとうございます!

昨日は本当にお二人の発表に感激しました。
大学に入って間もない1年生が多い授業なので、まだ少し大学生活に不安を持っている学生さんの背中を優しくぽんっと押すような、そんな発表でした。LiSAの魅力が充分に伝わったと思います!
お二人の発表の中に、今後のLiSAプログラム発展につながるいくつかのキーワードがありました。業務内容の多様性、メンバーの多様性、関わり方の多様性、というところにLiSAちゃんが長く続けてくれる理由があるのかなと思いました。よいところはどんどん伸ばしたいですね。
これからもどうぞよろしくお願いします!
2014/05/15(木) 19:26:00 | URL | えとり #BExc5CA6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック