お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
世界のバリアフリー絵本展顔合わせミーティング
2014年06月27日 (金) | 編集 |
こんにちは。LiSAのきたのです。
ブログを書くのは初めてなので、緊張しております……。

6/24と6/26のお昼に、「バリアフリ―絵本展示」のミーティングがありましたので、その模様をお知らせしたいと思います。
ミーティングには13人のLiSAが集まりました('◇')ゞ

バリアフリー絵本ブログ

「バリアフリー絵本展示」とはLiSAのくまがいさんがお声がけしてくださった自主企画です。
バリアフリー絵本というのは視力障害を抱えるこどもたち、またはお母さんにも絵本を楽しんでもらえるように、布などで立体的に作られていたり、点字が打ってある絵本のことです。
このバリアフリー絵本を、JBBYという団体さんからお借りし、来年の2/12~2/24に展示をしようという企画です!

また、この展示をするにあたって展示以外の企画も計画しております。
ミーティングで上がったのは、
・国立国会図書館国際子ども図書館の展示を見学する。
(日取りが合えば、できるだけみんなで・・・・・・!)
・実際にバリアフリー絵本を製作する。
(その際にバリアフリー絵本を作っているボランティアサークルさんにお話を伺う。)
・JBBYに所属している、お茶大OGの撹上先生によるレクチャー会を開催する。
という三点でした。
どれもまだ計画の段階ですが、これから少しずつ動き出していこうと思っています。

最後の撹上先生のレクチャー会はどのぐらいの規模で行い、またその広報をするかも検討中です。
「バリアフリー絵本展示」の自主企画に参加してくださっているLiSAの中から、各企画のメンバーも募集中ですのでぜひよろしくお願いします!

今回話題に上がったことは以上です。ミーティングお疲れ様でした♪
関連記事

コメント
この記事へのコメント
初ブログ!
きたのさん、初ブログ投稿、ありがとうございました。

世界のバリアフリー絵本展示のキックオフミーティング、どんな企画展示ができあがるのかワクワクしますね。

自主企画のミーティングも、回を重ねるごとに、みんなが段取り上手になっていてとても頼もしく思っています。
15期にまたがる長い活動になりますが、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!
2014/06/27(金) 17:12:39 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック