お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
学生協働ワークショップ企画ミーティング
2014年08月07日 (木) | 編集 |
こんばんは。図書・情報課の森です。連投、失礼いたします。
毎日怒涛のイベント続きな雰囲気をそのまま残すべく、頑張って書いちゃいます。

本日は9月に予定している「学生協働ワークショップ」の企画ミーティングをキャリアカフェにて実施しました。

学生協働WS事前MG20140807edited

昨年度、中国地区で実施された「第3回 大学図書館 学生協働交流シンポジウム」@島根大学に、お茶大からもおのでらさん、とえださん、いのうえさんが参加して、「東京でもぜひやってみたい!」という話になったのが企画のきっかけでした。
※中国地区のこのイベントは、今年、何と4回目で、山口大学さんで開催される予定なんです。すごいですね。
昨年度、LiSAメンバーが参加したときの様子も、ブログで詳しくご覧いただけます。

今日の企画ミーティングのメンバーは、東京女子大学から学習コンシェルジェ、図書館ボランティアの学生さんたち2名と、職員のはしもとさん、早稲田大学からボランティアスタッフLIVSの学生さん5名と職員ははせがわさん、お茶大からは、LiSAのとえださん、職員はえとりさんと森で、総勢12名でした。

この3大学で合同企画をしようという話になったのは、お茶大と同じ年に図書館の学生協働活動を始められた東京女子大学のはしもと課長さんに「東京でもやってみたいんです」とご相談したところ、「やりましょう!」と賛同してくださったこと。更に、東京女子大学ともともと交流をしておられた早稲田大学のはせがわさんも賛同してくださったことから、この3大学になりました。

今日の企画ミーティングは、お茶大のとえださんが司会、早稲田のこじょうさんが記録を務めてくれて、学生さん主導ですすめていただきました。
さすが、図書館における学生協働の活動が活発な大学の学生さんです。自己紹介でアイスブレイクしたら、次から次へと意見が出てきました。(^0^)

決めるべきことも決まり、準備すべきことも決まり・・・3大学以外から参加される5つの大学さんにもご連絡をして、発表資料を作成して、必要なものをそろえて・・・やることはたくさんありますが、ミーティングでしっかりと確認しあえたので、不安はありません。

今日の皆さんの様子を見ていて、本番もきっと盛り上がるだろう!と確信しました。そして皆んな、図書館のことを好きで居てくれるんだなぁということを嬉しく感じました。
本番・・・楽しみにしています!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック