お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
今、私ヒョードーがベールを脱ぎます!
2008年12月05日 (金) | 編集 |
お待たせいたしました!
謎多き図書館の、謎中の謎、神秘中の神秘、
図書館の秘宝(本当か?)、私ヒョードーが、
満を持しての登場です。

私ヒョードーは、情報基盤係で種々の仕事をこなしています。
まず私ヒョードーは、全学の情報基盤に関するお助けマンです。
専門知識を生かして学内に目を配り、SOSあらばすぐに駆けつけます。
つぎに私ヒョードーは、大学資料のデジタル化にも関わっています。
最近は機械だけでなく、資料にも愛を感じるようになってきました。
ホームページに「お茶の水女子大学デジタルアーカイブズ」がアップされたので、
ご覧いただけましたら、私ヒョードー幸せです。
http://archives.cf.ocha.ac.jp/

そして、東にパソコンが壊れた!という人あれば、行って大丈夫です任せてくださいとなおし、
西に歴史資料館を見たい!という人あれば、行ってどうぞと鍵をあけ、
南にお出かけされるチームリーダーがいらっしゃれば、行ってスマートにドアをあけ、
北にヒョードーさんこれなに!?と騒ぐMMCあれば、全くもうと思いつつ顔には出さずに
行ってそれはですねと説明する、
そういうものに私ヒョードーはなっているのです。

このように四面楚歌、じゃなかった、八面六臂の活躍ですが、
その仕事ぶりからかえって、ヒョードーなにもの?と不思議に思われるのかもしれませんね。

デビューしたからにはブレークしたいものです。
以後おみしりおきを。

私ヒョードーこと、ひょうどうのりかず
(代筆おくだ)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは。ヒョードーさんを業務報告書内で「謎な方」と書いてしまった(すみません!)たなべです。

実は最初にこの記事を読んだときに、テンションの高さに私の中のヒョードーさん像がガラガラと崩れ去り、しばしポカンとしていたのですが、代筆だったのですね・・・。
(今日の夕方、作業している私の近くでヒョードーさんとどなたかが話していらっしゃる声が聞こえたのですが、この話だったのでしょうか)


以前、ひろたさんに「ヒョードーさんは図書・情報チームの情報の部分を担当されている」と教えていただいたのですが、今回の記事で詳細が少し分かりました。デジタルアーカイブスもそうだったのですね。

MMCもそうですが、「情報」に関わる分野の方とはなかなかLiSAを通してお会いすることはできません。
でも、こうして記事で知らなかった部分を紹介していただけると、謎が解けてきて、チームの全体像が前よりも把握できるようになりました。
MRCとヒョードーさんの記事を書いて下さったおくださん、ありがとうございました。

2008/12/06(土) 00:07:31 | URL | たなべ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック