お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
陳列!!享保日本図のお目見え!
2014年08月22日 (金) | 編集 |
こんにちは。
たいっへん、たいへんながらくご無沙汰いたしておりました、私ヒョードーです。

今日はこの私ヒョードーが、貴重な地図がいよいよ歴史資料館に展示された
その一部始終を現場から中継させていただきます。
(おかげさまで、中古となりましたが、愛機のヘリも元気です。)
しかし思いのほか真面目な内容になりそうで、私ヒョードーにできるかどうか…(ってどういう立ち位置?)。

いやいやそれより、なんとっ、
今日はMuSAちゃんに加え、博物館実習の学生さんにもお手伝いいただき、
戦力ばっちりの体制で臨みました。
広島県立歴史博物館の学芸員さんのご指示に従い、粛々と展示が出来上がっていくのです。
ああ、なんて感動的。

地図がお出ましになる前に、まず展示台の組み立てです。
特注の展示台なんですよ~、あなたの(どなたの?)ために作られた。

展示台を組み立てる

続いて主役の地図がゆっくりと広げられます。
緊張です!
あや~、こらすごいわ、九州から、西日本、近畿……、とだんだん日本の姿が現れてきます。
いやこれ、ほんとに日本じゃん、ほんとに江戸時代?
なんか感動です。
私ヒョードーの生まれた○○はあるかな(なかったらどうしよう)、
どこかなどこかな、
あっ、あったあった!(よかった)
ってなりますぜ、みんな。

地図を広げる 地図を磁石でとめる

で、地図を固定。
この時使用したのが、超強力なネオジウム磁石。
みなさ~ん、地図を留めているのはピンではありません、磁石です。
ご心配なく、
穴はあきまへん(「駄目です」の京都弁)。
ので、
穴はあきません(「開きます」の否定形)。

そしてその上からアクリル板をかぶせて保護。
うん、なんだかとっても展示っぽくなってきたぞ。

ささ、次はこれを立てるのです。
地図はもともと平置きして見たものなんですが、
今回の展示では立てて見ることになります。
そうすると、字がさかさまになったりもするのですが、
北を上に展示すると、やっぱり私ヒョードーたちがいつも見慣れている日本地図になって、
なんとなくわかりやすいんですよね。

最後に展示台を固定して、ライティングして、完成です!

展示台をたてる  ライティング作業

うわ~、なかなか見応えありますです。
沢山の皆さんに見てもらえるといいな。
地図も私ヒョードーも、待ってます(僭越ながら)。

あっ、もちろん和算の展示も楽しんでくださいね!

私ヒョードーこと、ひょうどうのりかず
(いや~私ヒョードーもちょっぴり大人になりました。)

2014年特別展示「建部賢弘生誕350周年記念展示会―建部賢弘の和算における業績と享保日本図」
http://archives.cf.ocha.ac.jp/info_2014_takebe.html
展示期間:8/24(日) ~ 8/30(土) ※会期中休館日なし
時間:10時00分~16時30分(16時30分閉館)※25日は14時まで
※『享保日本図』『弧背截約集』は24・25日のみ実物を展示、以降は複製になります。

一般公開講演会
「建部賢弘生誕350周年記念展示会―建部賢弘の和算における業績と享保日本図」
日時:8/24 13:00-15:00
会場:大学本館(本館3階306)
事前申込み不要、入場無料
関連記事

コメント
この記事へのコメント
お初に。
数々の伝説的な書き込みで、数年後に読んでもお腹がよじれるほど笑わせてくれた、「私ヒョードー」さんの書き込みを、リアルタイムで読めて、感動しております。

しかも、おちゃらけているようで、よく読むとマジメで勉強になる内容なんですよね・・・^^

またの登場を、心よりお待ちしております。

2014/08/26(火) 17:28:55 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック