お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
小石川布の絵本を作る会にお邪魔しました!
2014年09月19日 (金) | 編集 |
こんにちは。LiSAのおおさわです。
今日はむしゃさんと一緒に「小石川布の絵本を作る会」を見学してきました。
小石川布の絵本を作る会には、既に一度LiSAメンバーが伺っていますが(熊谷さんが八月一日付の記事にしていますのでよろしければご覧ください)、私はそのとき参加できなかったので、今回改めて訪問した次第です。

さて、前回の訪問で活動についてのお話はだいぶお聴きしたので、今回は見るだけかなと思っていたのですが…
なんと、絵本作りを体験させていただきました!

現在、小石川布の絵本を作る会では『桃太郎』の作成が進んでいます。
私が体験させていただいたのは鬼ヶ島の岩を作る作業。端切れの山からどの布を岩にするか選ぶのですが、これが楽しくもあり難しくもあり。地の布や他のパーツと色のバランスをとらなければならないし、柄物の布の場合、その柄が岩に相応しいか考えないといけない。奥が深い…何時間でも迷っていられそうでした。
会員さんの助言を受けて、チョコレート色の無地の布、ベージュの無地の色、さらにベージュ地に明るめの茶色で葉がついた小枝の模様が入った布を選びました。岩に小枝の柄?と思いましたが、会員さんいわく、柄を途中で切ってしまえば岩に入ったひび割れに見える、とのこと。カメラを持っていかなかったのを後悔しています。こういうのにこそ写真が効果を発揮するのに。
その間むしゃさんは鬼の館の門を作っていました。こちらの布地は既に決定していたので型紙に合わせて布地を裁断するところからスタート。切り取ったパーツは、端がほつれないようにアイロンで折り目をつけます。時間の都合上、作業はここまで。この後に灰色のフェルトで作った扉がつく予定だそうです。

小石川布の絵本を作る会は、毎月第一・第三金曜日に小石川図書館で活動しておいでです。
和気藹々とした雰囲気で、とても素敵な会でした♪
興味のある方は小石川図書館までご連絡ください。

小石川布の絵本を作る会のみなさま、本日はありがとうございました。
頂いたおはぎ、おいしかったです。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
おおさわさん、本日はありがとうございました!
とても貴重な体験をさせていただくことができて良かったですね!(#^.^#)
そうだ、カメラ…! 私もすっかり忘れていました(> <)
では、皆さんには絵本が出来上がってからのお楽しみですね♪

小石川図書館では、1階に布の絵本があって、いつでも見ることが出来ます。
一部は貸出もされていますので是非どうぞ!
(私も先ほど1冊借りてきました。お茶大の学生証に住所の記載があれば、その場で貸出カードが作れます。)
http://www.lib.city.bunkyo.tokyo.jp/lib03-koishi.html
2014/09/19(金) 14:48:09 | URL | むしゃ #Y.RLEoj6[ 編集]
おおさわさん、むしゃさん、今日は「小石川布の絵本を作る会」の見学とご報告、ありがとうございました。

私も実際に、布の絵本を見せていただきましたが、手で触るとぬくもりがあり、いろいろな仕掛けもあって、イメージが喚起されますね。

何かハンデがあったとしても、五感のいずれかに感じることができる本というのは、素晴らしいと思います。

お二人が製作にかかわった絵本の完成が楽しみですね。
そして、展示がどんな風にできるのかな・・・ますます楽しみです♪
2014/09/19(金) 15:37:43 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック