お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
ギター部図書館コンサートを開催しました!
2014年10月11日 (土) | 編集 |
こんにちは。LiSA3年の國井です。
先日こちらのブログで宣伝させていただきました、「ギター部図書館コンサート」
10月8日に無事終了いたしました!
ということで、遅くなってしまいましたが、
コンサートの様子をレポートさせていただきます(^O^)
当日は写真をたくさん撮っていただいたので、ここにもたくさん載せます!

guitar2-1.jpg guitar2-2.jpg

職員の方々にもお手伝いいただいて、会場設営をしました。
配置は筝曲部さんのコンサートと同じ形にしてみました。
ラウンジの入り口には、先日ご紹介したギターに関連する本を、
譜面台にのせて展示していただきました!

guitar2-3.jpg

池をバックにして、光が差し込むステージ…
演奏している私もとても気持ちよかったです。でも緊張した!!!
(そういえば演奏の最中、窓のすぐ外で猫さんがくつろいでいたんです…
和みました~)

guitar2-4.jpg guitar2-5.jpg

私たちもびっくりするほど大勢の方が、
席に座ってゆっくりと聴いていってくださいました。
また通りすがりに足を止めて聴いてくださる方、
勉強しながら耳を傾けてくださる方も沢山いらっしゃって、
本当に嬉しかったです!

いち演奏者として、今回のコンサートでよかったなと思った点は、
図書館の雰囲気とギターの音色の相性がよかった(と言っていただけた)こと、
そして何より観客の皆様が楽しそうに聴いてくださったことです。
そのお陰で私たちも楽しく演奏できたと思っています。

一方LiSAのひとりとしては、今回のコンサートは、
図書館という空間は何のための場になり得るのだろう?
どんな可能性をもっているのだろう?

と自分自身で考えてみるきっかけになったように感じています。
今後のLiSAの活動にも、これを何らかの形で生かしていけたらいいな…と思うところです。

最後になってしまいましたが、
改めて、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!



(最後にこっそり宣伝させていただきます。
コンサートで少しだけアナウンスしましたが、
お茶大ギター部定期演奏会(11/5(水)開催)のお知らせをこちらでもさせていただきます。
詳細は下記リンクをご参照ください。
今回の図書館コンサートで興味を持ってくださった方がいらっしゃいましたら、
ぜひお気軽にお越しくださいませ!)
お茶の水女子大学ギター部HP‐演奏会情報
関連記事

コメント
この記事へのコメント
國井さん、ギター部のみなさん、すてきなコンサートをどうもありがとうございました!
足を止めてきいてくれる人や、勉強しながら耳を傾けてくれる人が大勢いらしたのは、みなさんの奏でる音楽の力によるものですよね♪
聴いている人も、演奏しているみなさんも楽しんで(ネコやカメも!?)、ラウンジ周辺に幸せな空気が満ちていたような気がしますv-22

そして、今回のコンサートを通して、國井さんが改めて図書館という場について考えていらっしゃることが、とてもすてきだな、とおもいました。
これからの活動も楽しみにしていますね♪
2014/10/11(土) 19:49:46 | URL | ワタナベ #-[ 編集]
國井さん、写真がたくさん入ったブログ記事、ありがとうございました。とってもいい雰囲気なのが写真からも伝わってきました!
あの場所にいられて本当に幸せでした。

選曲もとっても良かったです。特に、「少年時代」は、聞いている内に心があったかーくなって、いつの間にか目がうるんでました。心を揺さぶられるってこんな感じなのかなと思いました。すてきな演奏をありがとうございました。

クラシックギターの生演奏を聴く機会はあまりないので、ほかの学生さんもきっと、心地よい音色にうっとりと耳を傾けていたのではと思います。
ちゃっかり最前列に座ってたので、途中で後ろを見たらたくさんのお客さんがいたので驚きました!前列の特権で、みなさんのセッティングの様子をすぐ近くで見ることができてとても興味深かったです。

今回のコンサートのためにいろいろ考えたこと、当日を迎えて感じたことを、これからのLiSA活動にいかそうと思ってくださっていることも本当に嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いします!


2014/10/14(火) 17:59:39 | URL | えとり #BExc5CA6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック