お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
修理(講習)会 part2
2014年10月31日 (金) | 編集 |
こんにちは。LiSAのきたむらです。
修理(講習)会終わりました!(なぜかっこがついているのか気になる方はごとさんの書き込みをみてください)
参加いただいたみなさま、そして準備・練習にたいへんお世話になりましたわたなべさん、
ありがとうございました。

終始なごやかに、しかし作業のときにはしーんとなるくらい真剣な雰囲気もありつつ、進みました。
いや、人に説明するって難しいのですね…頭では分かっていても、人に上手く伝えられるかは
また別の問題であることを実感しました。あと、切実に雑談力がほしい←
まだまだ私も勉強不足ですし、十分に伝えきれなかったこともあるような気がしますが、
「修理」を身近に感じてもらい、その楽しさも知ってもらえたらいいなと思います。
今回の総括としてはなんといっても「きわ」と「けばけば」ですかね!
(ほんとに書いちゃった…笑、どうしても気になるという方は参加者一同まで…)
お疲れさまでしたー!!


関連記事

コメント
この記事へのコメント
“きわ”と“けばけば”!
北村さんも、おつかれさまでした!
そして、すてきな講習会をありがとうございました♪
説明力や雑談力など、講習会をするときには、いろいろな要素が必要なのだな、と感じるよい機会になったようですね。
でも、参加者のみなさんの真剣さにひきこまれ、ついつい全員で“し~ん・・・”となってしまったのも、なんだか今おもえばほほえましい現象だったような!?
そう、そして“きわ”と“けばけば”!
わたしも修理をするたびに、この言葉が頭を駆け巡りそうです♪
2014/10/31(金) 07:40:39 | URL | ワタナベ #-[ 編集]
“きわ”と“けばけば”?
え、「“きわ”と“けばけば”?」何何?? とっても気になります。ぜひ、解説してください!

自分でやり方がわかっているということと、人に説明するということは、ベツモノなんですよね~。
特に手を動かす作業の説明は、言葉だけでは伝わらないし、集中して一人の作業に没頭する時間も欲しいし。

時々様子を見に行かせていただいて、とても良い感じだなーと思っていました。
参加したくても時間が合わなかった方もいたようなので、こんどはもうちょっと時間を長めに設定して、第2弾を実施していただけると良いかもしれませんね・・・!
2014/10/31(金) 09:35:12 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック