お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
ケルン大学付属図書館その3
2014年01月23日 (木) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです
ケルン大学は学期末。
大学付属図書館の閲覧席は、期末レポートやテストの準備をする学生で満席状態です
私も空席をなんとか見つけてレポートの準備をしつつ、
疲れたら開架図書をふらついて気分転換を図っています。

その開架図書で発見したことなのですが…
本の並び方が分野によって分類されていないのです!

一応、「40A」「41A」といった分類番号は本棚についているのですが、
同じ棚の同じ列に、政治学や社会学、自然科学など、あらゆる分野の本がごちゃ混ぜに並べてあるので、
最初は「???」と頭の中が疑問符でいっぱいになりました。

ドイツ人学生に聞いたところ、「出版された年で分類してある」と言っていました。
前回紹介したように、読みたい本をピンポイントで探すのを基本にしているから、
この開架図書では分野ごとに分類しなくても問題ないのかもしれないですね
こういう本の並べ方もあるんだな、と面白く感じました。

日本の図書館ではNDC(日本十進分類法)という図書分類法を採用しています。
ではドイツの図書館ではどういう分類法が主流なのでしょう?日本とは違うのでしょうか?

ケルン大学付属図書館の紹介はひとまずここまでにして、次回からは別の図書館について紹介する予定です。
そこでは本の並べ方がどうなっているのか?
注目してみたいと思います


ケルン大学付属図書館その2
2013年12月25日 (水) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです!
冬休みに入り、授業に追われる日々から一旦解放されました

ケルン大学付属図書館見学レポ!
今回は、実際に使ってみて面白いと思ったことをお伝えします!

前回示したように、ケルン大学には膨大な数の資料がありますが、
それを全て開架図書にしようとすると、図書館が巨大化してしまいますし、探す方も大変です。

なので、ケルン大学付属図書館では、基本的に本は閉架図書になっていて、
学生はオンライン検索を使って、読みたい本をピンポイントで探す
ことになります。

図書館のウェブサイトで本を検索

ウェブ上で予約

閉架から出してもらう

職員さんが閉架から本を出して、図書館の2階にある部屋に置いてくれます。
利用者はその部屋に行って、自分の利用者カード番号の棚からその本を取り、自動貸出機で借ります。
返却先はお茶大と同じく、カウンターです。

国立国会図書館の資料の利用方法と似ているな、という印象を受けました!
ただ、面白い本を求めて開架図書の中をふらふらと歩くのが好きな人(私を含む)には、ちょっと物足りないかも…

といっても、ケルン大学付属図書館の開架図書スペースは、行ってみたらそれなりの規模がありました。
そして、その開架図書のスペースでもある発見をしました!
そのことについては…次回書きますね
お楽しみに〜


ケルン大学付属図書館その1
2013年12月03日 (火) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです

図書館見学海外編!
最初にご紹介するのは、ケルン大学付属図書館です
この図書館、正式名称は「Universitäts- und Stadt Bibliothek Köln」といいます。
Stadtという言葉が入っているように、大学のための図書館、というだけでなく、
市民のための図書館、という性格も持った図書館です。

さて、国も違えば規模も全く違うケルン大とお茶大。
概要について比較するのは結構難しいのですが、できるところだけ数字で比べてみようと思います!

◯開館時間
月〜金 8〜24時 (お茶大:9〜21時)
土・日 8〜20時 (お茶大:土曜の9〜17時。日曜は試行中)

◯蔵書冊数
3,900,000冊 (お茶大:667,919冊)

◯デジタル資料
30,000冊 *E-Booksという区分に該当する資料
(お茶大:13,138冊 *電子ジャーナル)

◯閲覧座席数
600席 (お茶大:470席)

……。
数字の上ではお茶大、なかなか勝てません…

でも!唯一上回ったのが…
デスクトップパソコンの数!
60台 (お茶大:134台)

ラーニングコモンズ・ノートパソコン自動貸出ロッカーを使えるお茶大生は
すごく恵まれた環境にいるんですね

5点比較してみましたが、皆さんはどう感じましたか?

さて、今回は数字ばかりになってしまったので、
次回は実際に図書館を利用してみての発見・感想などを書きたいと思います!
お楽しみに〜

*参考URL
お茶大:http://www.lib.ocha.ac.jp/pdf/gaiyou2012.pdf
ケルン大:http://www.ub.uni-koeln.de/
新企画告知!
2013年10月31日 (木) | 編集 |
こんにちは、
第12期までLiSAをやっていました、たしろです。
図書館総合展期間中に別件の投稿、失礼いたします。

28日に顔合わせミーティングが開かれ、第13期が本格的に始動しましたね!
ただ、残念ながら私は第13期のメンバーには入っていません。
なぜかというと…

留学によりお茶大を離れているからです!

しかし、入学時からLiSAとして活動していた者として、
私は留学先でも何かできることはないかと考え…

もりチームリーダーに許可を頂き、
自主企画「図書館見学海外編2013」をLiSAブログで展開することにしました

留学先であるドイツのケルン大学の図書館を中心に、
1年間の留学中に私が訪れた図書館について記事を書いていきたいと思います!

不定期更新ですが、お楽しみに〜