お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
第1回全国学生協働サミットに参加しました! 【LALA】
2017年02月01日 (水) | 編集 |
LALAデスクからおはようございます


2月がスタートしました
図書館1階はテスト勉強やレポートを書いている学生で賑わっています。

今年度のLALAデスクは
  明日2/2(木)まで:9時〜18時
  2/3(金)〜2/10(金):12時〜15時 です。


* * * * * * * * * *
さて、ご報告がとても遅くなりましたが......


LALAも昨年の11月10日、
図書館総合展の最終日に開催された【第1回全国学生協働サミット】に参加してきました!
そして、サミット当日の模様と参加して考えたことについて、メルマガに寄稿しました!

ラーコモラボ通信
大学生が大学図書館の現状を伝え、未来に思いを馳せた —『第1回全国学生協働サミット』レポート(書くの難しかった…)


この場をお借りして、メルマガには載せられなかった写真をご紹介します

20161110-2.png
LALAデスクで先輩LALAが学生からの相談にのっている様子です。
(発表者、緊張で直立しています。笑)

20161110-8.png

20161110-6.png
LiSAちゃんの発表にはうるうるしました

 "LiSAの活動が恋しくなった"
お茶大附属図書館のあったかさが伝わるエピソードでした。


LiSAとLALAそれぞれのミニポスターと発表スライドはteapotで公開しています。
LiSAミニポスター
LALAミニポスター
LiSA発表スライド
LALA発表スライド
当日参加した方も、そうでない方も、ぜひご覧になってください!

* * * * * * * * * *


今月から、いよいよ附属図書館の増築・改修工事がスタートします。
パワーアップした図書館が楽しみですね

工事中もLALAの活動は継続します。
来月は「学生協働ワークショップin東京」に参加してきます!
またその様子をレポートします

(LALA 矢野)
国立国会図書館 OG懇談会のご報告
2017年01月19日 (木) | 編集 |
こんにちは! LiSA2年のまさきです。
今回は、昨日開催した「国立国会図書館 OG懇談会」のご報告をいたします♪

私事で恐縮ですが、私は国立国会図書館に興味があったものの、
懇談会の企画運営メンバー募集の締め切りを逃してしまいました。
しかし、あきらめていた矢先、やってみないかとスタッフの方から声をかけていただきました!(^O^)
参加させていただき本当によかったです。ありがとうございました♪
何につけても、締め切りは要確認ですね!!(笑)

準備段階ではメールのやりとりやポスター作製、LiSAメーリスでの宣伝などを行いました。
当日は早くから集まり、机を並べながら時間が来るのをどきどきして待っていました(^^;

懇談会でお話をしてくださったのは、LiSAのOGで、現在国立国会図書館でご活躍中の方と、
今年度内定が決まったお茶大生の方です!
お2人ともご自身の経験を交えながら国立国会図書館について様々な観点からお話をしてくださり、参加した学生一同真剣に聞き入っておりました。

また、国立国会図書館の採用試験のようすや対策方法などもお教えくださり、
私も含め、参加した学生皆一生懸命にメモを取りました(*´v`)


↓当日の様子です。手前に写っているのは、一緒に企画運営をしたLiSAちゃんが作ってくれたポスターです(^○^)
20170118-2.jpg

20170118-1.jpg


会の最後には質疑応答の時間をとっていただきましたが、たくさんの学生が積極的に手をあげ質問をしていました。
さらに、会の終了後にも先輩方に質問や歓談をする姿が見られ、
充実した会となったことが伺えるのではないかな、と思います。

お話してくださったお二方、貴重なお話を聞かせてくださり本当にありがとうございました!!


それではここで失礼します。
お読みいただきありがとうございました(^∇^)


LiSA
まさき
2016年の御用納めにあたって<学生協働サミット><図書館増築・改修>
2016年12月28日 (水) | 編集 |
みなさん、こんにちは。図書・情報課の森です。
早いもので、2016年も残すところあと4日になりました。 今日は、今年最後の仕事の日「御用納め」です。

2016年のお茶大図書館の二大トピックスといえば、やはり
「図書館入試」の本番が開催されたこと
図書館の増築・改修が決まったこと  でしょうか。

それに加えて、
図書館総合展で、第一回全国学生協働サミットが開催され、LiSAとLALAから参加・発表をしたことも大きい出来事でした。

LiSAの立場からは、むしゃさんがLiSAブログに記事を書いてくれました。
第18回図書館総合展―第1回全国学生協働サミット
http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-1094.html

LALAの立場からは、矢野さんがラーコモラボ通信(メルマガ)に記事を書いてくれました。
「大学生が大学図書館の現状を伝え、未来に思いを馳せた -『第1回全国学生協働サミット』レポート」
http://archives.mag2.com/0001260410/

どちらも、当日の熱い盛り上がりを伝え、「これからの展開」にワクワク感を感じられるレポートです。
私たち図書館スタッフは、ほんとうに、学生の皆さんと日々の業務や自主企画を通じて一緒に考え、活動できることを心から嬉しく、ありがたいことと感じています。

さて、2017年は、図書館の増築・改修の工事が行われ、大変化の年になります。2月2日の授業が終わった後、まず最初にラーニングコモンズのパソコンの撤去や事務室の移転の準備が始まります。
工事前後の準備期間を含めた1年強の間、なるべく、皆さまの学習・研究環境を維持できるよう、最大限の努力をしていきたいと思います。それでも学生や教職員の皆様には大変なご不便をおかけすることになってしまうことをお詫びいたします。
2018年のリニューアル後に、どんなふうに素敵な図書館になるのか
工事中はどういう利用形態になるのか
こういったことも、皆さんからのご意見もうかがいながら、早め早めのお知らせを心がけていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
広報にあたっては、「学生さん目線で知りたい情報が、ちゃんと届くように発信すること」を目標に、LiSA、LALAの皆さんの力もお借りしたいと思っています。

2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。

第18回図書館総合展―第1回全国学生協働サミット
2016年12月07日 (水) | 編集 |
こんにちは、LiSA3年のむしゃです。

今日は、11/10(木)に参加してまいりました、図書館総合展の話をしたいと思います!
初めて行ったんですが、すごかったです!
会場内には、全国の様々な図書館や関連企業さんなどのブースがところ狭しと並んでいました。
特に普段何気なく使っているテーブルやラベルを作ってらっしゃるメーカーさん、
図書館向きの大型本などを扱っている出版社さん、
図書館で役立つサイトやシステムを開発してらっしゃる企業さん、
国会図書館やさまざまな専門図書館、大学図書館、などなどなど…。
セミナーもたくさん開催されていたんですが、私は時間があまりなかったのもあって、ほとんどブースを見ていました。

その中で唯一参加したのが、今回のメインのこちら!
全国学生協働サミット!!
私たちLiSAのように、学生と大学図書館が協働で図書館をもっと良くしていこう…!
という団体が全国にはたくさんあります。そんな学生たちの活動発表と交流の企画です。
20161110-1.png
まずは参加大学がそれぞれテーマに関する意見と自分たちの活動内容を発表しました。
なんとトップバッターはLALAさん!
とても綺麗にまとめられたスライドと発表でした。すごい…。
20161110-3.png
LALAさんとは別に、LiSAも発表をしましたよ。どのように活動のモチベーションを保っているのか?
活動の楽しさ、図書館職員さんのあたたかさを熱く語ってきましたよ!
20161110-6.png
大学によって活動形態も内容もさまざまなのが興味深かったです。
LiSAは大学からも公認で、図書館職員さんのバックアップが心強いですが、
周りから反対されている中で頑張って活動しているところもあるんだとか…!
これらの発表スライドはWebで公開される予定です。行けなかった方、もう一度見たい方はお楽しみに!

みなさん話したいこと、聞きたいことがたくさんあって、時間は押し押し(笑)
2時間ほどかけて、とても密度の濃い時間になりました。それでも時間は足りない…!


それぞれの発表ごとに、「イマキク」でスマホから感想を共有し合いました。
発表に対する皆の意見をリアルタイムで見ることができて面白かったです。
こちらも、公開される予定ですので楽しみにしていてくださいね!
20161110-4.png
今回私が感じたのは、図書館で活動する学生たちは、図書館と学生をつなぐ架け橋になれるのだということ。
どちらの目線にも立てる強みを活かして、もっともっと充実した学生生活が送れるよう、
手助けができればいいなと改めて思いました。

最後に、記念撮影と交流会をしました!
普段は会えないような遠方からもたくさんの大学がいらっしゃっていたので、お話しできてとても良かったです。
またこんな機会があれば是非参加したいです。
来年、第2回が開催されますように!
20161110-7.png

[READ MORE...]
心に残ったひとこと2016 終了!
2016年12月01日 (木) | 編集 |
こんにちは、ブログではお久しぶりです。LiSAのむしゃです。

夏から秋にかけて展示していた「心に残ったひとこと企画」…!
秋の終わりに伴って本日撤収いたしました!
たくさんのご参加有難うございました!!



いやー全然埋まらなかったらどうしようとか思ってたんですがにぎわいましたね…!
むしろスペース不足で申し訳ありませんでした。
立ち止まってご覧くださった方もいらっしゃったようで、嬉しい限りです。

実は今回の展示テーマは「秋の本棚」でした。
まおさんと一緒に一枚一枚イチョウともみじを切ったんですよ。
苦労の甲斐あって、なかなかに華やかになったと思うんですけどいかがでしょう?

館内展示でのひとこと企画は終わりですが、Twitter(https://twitter.com/ochalisa_lib/status/760681490422308865 "> https://twitter.com/ochalisa_lib/status/760681490422308865 )や、
このブログへのコメントという形での投稿はまだまだ募集したいと思います!
または、単純に「展示見たよー」というコメントもくださると、企画一同とっても嬉しいです。

ではまた、今度の企画の際にもよろしくお願いいたします!

以下にそれぞれのカードのアップも載せておきますので、集まったひとことの数々、よろしければご覧ください♪

20161201_7.png
20161201_1.png
20161201_8.png
20161201_9.png

過去のブログ記事
2016年
2016年twitter心に残ったひとこと企画はじめました。
心に残ったひとこと、ぺたぺたしませんかー?
2015年
【心に残ったひとこと2015】
2012年
「心に残ったひとこと」募集開始ー!!
【ひとこと企画】館内募集もスタート!
【発表!】ひとこと企画(その1)
【発表!】ひとこと企画(その2)
【発表!】ひとこと企画(その3)
【発表!】ひとこと企画(その4)
2011年
“ひとこと”チームも動いてます♪
「心に残ったひとこと」スタート!
めげない!しょげない!あきらめない!!「ひとこと」チームリバイバル☆
2010年
心に残った一言
特別講義「古典籍について」 秋編
2016年11月08日 (火) | 編集 |
こんにちは。LiSAの高山(春)です。
今回は、11月2日に行われた特別講義「古典籍について」の模様をお届けしたいと思います。
文教育学部・日本語日本文学コースの浅田徹先生に講義をしていただきました。

「古典籍」とは、近代以前に作られた典籍のことです。
現在附属図書館は、大学の所蔵する古典籍を撮影し、デジタル画像化するプロジェクトに参加しています。
LiSAは、古典籍に破損があるかどうかなどを実際に一ページずつめくって確認したり、業者の方に撮影していただいた画像を一枚ずつ確認したりといった作業を行っています。
私もLiSAとしてこの業務に参加したことがありますが、古典籍について知らないことも多く、今回の浅田先生の講義に参加してたくさんのことを知ることができました。

DSC00992.jpg

講義では、まず古典籍とはどのようなものなのかといった基本的なことから話していただき、実際に古典籍の実物も見せていただきました。
たとえば、古典籍には筆で書き写した写本と、版画のように印刷された版本があります。
また、冊子本は紙の品質によって綴じ方が変わり、薄くて片面にしか印刷できないものは袋綴本になり、上質な紙なら列帖(れつじょう)装本になるなど、色々な綴じ方があるそうです。
袋綴じの版本がもっとも一般的で、お茶大にある古典籍はほとんどすべてこのタイプです。
実際に版本の古典籍を見せていただきましたが、本当に小さなものまで細かく印刷されていて、当時の職人技の精密さを実感することができました。

DSC00990.jpg

他にも、古典籍は同じ本でも一冊一冊を残していく必要があるのだということを教えていただきました。
加藤景範の『蔵山集』を例に見てみると、後に削ったり墨で塗りつぶされたりして削除された部分が残っている版もあり、古典籍を見るうえではそれらを比較することが必要だということを学びました。
古典籍の内容だけでなく実物を確認することの重要性を学ぶことができ、講義に参加してよかったと思います。
今までLiSAで古典籍関連の作業をしていて、「古典籍を見ることができるのは興味深いな」程度にしか感じていなかったのですが、今後は古典籍の重要性も意識しながら作業をしていきたいです。

1時間という短い時間でしたが、古典籍について多くのことを学ぶことができ、とても貴重な経験ができました。
素晴らしい講義をしてくださった浅田先生、ありがとうございました。
この経験を生かして、今後の業務も頑張っていきたいと思います。

特別講義「古典籍について」(その1) 
特別講義「古典籍について」(その2)